MENU

close

MENU

close

別冊家庭画報 HomeIdeas housing 自然を楽しむ 週末別荘傑作選

 

自然を楽しむ 週末別荘傑作選

定価:2,592円
(本体2,400円)

ISBN:4-418-05133-3

A4変形判 132ページ

  • 試し読み試し読み

内容

人気住宅作家に学ぶ気持ちいい山荘の作り方

土地500万〜1,000万+建物2,000万。規模25坪〜30坪の別荘難易度が高い別荘建築の傑作が満載。

【担当編集者からオススメの一言】

新聞広告の不動産情報を見ると、別荘情報がやたら目につきます。価格帯を見ると、意外に手頃なものが多く、バブル期を知るものにとってはビックリするものも。地価下落を背景に、「別荘」は、一部の富裕層のものではなくなってきています。本誌が掲げた理想的な別荘像──それは、“小さくて、質素なもの”。華美なものや立派な豪邸は、自然の中にはふさわしくない。これは、軽井沢など由緒ある別荘地では、正流の考え方のようです。
取材に先立ち具体的に想定した別荘像は、延床30坪以下、本体工事費2000万円以下、土地価格は1000万円以下です。2、3000万円程度で、素敵な別荘が手に入るならば、誰もが検討できると思ったから。多様な読者ニーズに応え、中規模・ハイコストなものも取材しましたが、個人的には、やはり小さなものに魅力を感じました。こじんまりとした小屋のような山荘が一番だと思います。
本書をおすすめしたいのは、生涯マンションで暮らす方、リタイアした後定住を考えている団塊の世代層、子供を自然の中でのびのび育てたいと考える子育て層、アウトドア志向の方です。
場所的に穴場だと思ったのは那須と房総。土地の相場が意外に低く、驚きました。あそこがいいか、ここがいいか、考えるだけでも楽しくなるのが別荘づくりです。
実現するかどうかはひとまず置いておいて、本書を片手に夢を描いてみませんか。(編集担当K)

目次

・Part1 巨匠・吉村順三の名作別荘に学ぶ 気持ちいい別荘のつくり方
・Part2 実例集──住宅の名手10人がつくった 気持ちいい週末別荘最高傑作選
・Part3 週末別荘の「土地の求め方」

関連キーワードから本を探す

関連キーワード

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2018.07.13
サーバーメンテナンスのお知らせ
2018.06.15
絵本『あがりめさがりめ』『きんぎょさんとめだかさん』 発売記念【とよた かずひこさん原画展&おはなし会】
2018.06.11
新刊『夏井いつきの「時鳥」の歳時記』出版記念イベント【サイン会&ミニトークショー】