MENU

close

MENU

close

サンカクカンケイ

 

サンカクカンケイ

小手鞠るい (著)

定価:本体1,500円+税

ISBN:978-4-418-07501-0

判 237ページ

  • 試し読み試し読み

内容

ベストセラー『エンキョリレンアイ』に続く、恋愛小説三部作、第二弾

「忘れたい、恋がある。忘れられない人がいる」――京都・岡山・東京、3つの都市に広がる幼なじみ三人の、優しく切ない純愛物語。

【担当編集者からオススメの一言】

小手鞠るいさんの前作『エンキョリレンアイ』の出版を祝してスタッフと食事をした夜。各方面から好評をいただき、仕事をともにしたことを喜んでくれているスタッフのかたわらでわたしは、どこか醒めた感情を持っていました。「次の作品が大事だ。真価は、次作で問われる」――気持ちは、すでに次の出版に向かっていたのです。
隣にいたスタッフの携帯電話が鳴り、彼が席を立ったその時でした。店に流れはじめた音楽が、わたしの全身を直撃したのです。岩崎良美さんが歌う『タッチ』。80年代ポップスを代表するこの曲に刺激されたわたしの脳裏にイメージが広がり、やがて席に戻ったスタッフにわたしは告げました。「小手鞠さんの次作は『タッチ』の世界です。幼なじみ3人の恋愛物語。タイトルは『サンカクカンケイ』。読んでみたくありませんか?」彼の表情は急に真顔になり、握手を求められました。「それですよ、それです」。そして、わたしはニューヨークに住む小手鞠さんにその場でメールを送りました。
この作品を、小手鞠さんは『エンキョリ』の10倍の情熱で書かれています。京都・岡山・東京の3都市に広がる、幼なじみの男女3人の「恋愛」と「友情」の物語。懐かしい故郷の風景、淡い初恋の思い出――それぞれの経験に照らして愉しんでいただければ幸いです。(編集担当O)

関連キーワードから本を探す

関連キーワード

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2019.11.20
<セブンアカデミー 2020冬講座> 受講者募集スタート
2019.11.06
家庭画報の「オリジナル調味料」と「だし」がデビューしました
2019.10.02
10月25日(金) レイチェル・クー来日決定!! スウェーデン大使館にて出版記念・ランチビュッフェ&サイン会開催