MENU

close

MENU

close

別冊家庭画報 永久保存版酒の肴360

 

酒の肴360

定価:2,052円
(本体1,900円)

ISBN:978-4-418-08103-5

B5変型判 290ページ

  • 試し読み試し読み

内容

今宵の酒を旨くする、全国名居酒屋21店の秘伝レシピを大公開。これは家呑みのバイブルです!

日本全国銘酒ガイド、お取り寄せつまみの情報も満載。

【担当編集者からオススメの一言】

おいしくお酒を呑むならば、やっぱり旨い酒肴がなくっちゃなあ。
そんな呑み助たちの願いをかなえるべく、全国の名居酒屋による
酒肴レシピを紹介したいと編集部は考えました。
ここに登場する21店は、編集部が全国を足で回って見つけた、
自信を持っておすすめする名居酒屋ばかり。
料理人たちは、試行錯誤のすえ編みだした酒肴レシピを
惜しみなく教えてくださいました。

〆鯖や豚の角煮など愛され続ける定番のベストセラーから、
チーズやフルーツを使った新定番まで、
この一冊は酒をおいしくする酒肴でいっぱい!

【ご協力いただいたお店】
一心(宮城・仙台)/はりま屋(新潟・古町)/稲垣(東京・半蔵門)/善知鳥(東京・阿佐谷)/おふろ(東京・下高井戸)/鼎(東京・新宿)/串駒(東京・大塚)/笹吟(東京・代々木上原)/神田新八(東京・神田)/たべごと屋のらぼう(東京・西荻窪)/たもいやんせ(東京・渋谷)/布恒更科(東京・南大井)/真菜板(東京・高田馬場)/萬屋おかげさん(東京・四谷)/両花(東京・下北沢)/明治屋(大阪・阿倍野)/やまなか(大阪・大国町)/祇園きたざと(京都・祇園)/季節料理 なかしま(広島・白島)/うりずん(沖縄・那覇)/ゆうなんぎい(沖縄・那覇)

目次

酒肴・其の一 <酒肴の定番>
まずは、のお通し●焼き枝豆/葉野菜のお浸し/焼きあぶらげ/揚げ銀杏/からすみ大根/からみ鶏/だし巻き卵/コロッケ/豚の角煮/ほか
これで満足、主役の酒菜●煮玉/卵と長芋のフワフワ焼き/牛すじ煮込み/チキン南蛮/さつま揚げ/ほか
箸休めに、豆腐●肉豆腐/かわり奴/スクガラス豆腐/納豆きつね焼き/和風湯葉しゅうまい/ほか
春の定番●筍の蕗の葉味噌和え/あさりの酒蒸し、にんにく醤油和え/キャベキュー/菜の花と岩海苔の芥子醤油和え/ほか
夏の定番●じゅんさいとミニトマトのお浸し/ゴーヤーの酢の物/鰹のたたき/鰹の炙り刺し/ほか
秋の定番●秋刀魚の塩麹一夜干し/鰯の梅煮/きのこのにんにく炒め/石川芋の柚子味噌焼き/ほか
冬の定番●あら大根/蓮根の明太子射込み/青森おでん/白子ときゅうり、豆鼓の香り/ほか
新定番●野菜サラダ、白味噌風味のマスカルポーネ和え/ゴルゴンゾーラの牡蠣グラタン/蛸と巨峰のみぞれ和え/ほか
肴の王道 そば屋のつまみ●蕎麦味噌/ぬきおろし/鶏わさ/揚げあんかけ/ほか

酒肴・其の二 <呑み助の酒盗>
烏賊の塩辛/イクラの醤油漬け/あん肝
店自慢の珍味●豆腐の味噌漬け/長芋梅紫蘇漬け/烏賊の肝の西京漬け/鮭の焼き漬け/ほか
青森仕込みの「善知鳥」のあて●切り込み/蛍烏賊の沖漬け/牡蠣の塩辛/べっこう卵/ほか

酒肴・其の三 <滋味なる野菜>
旬野菜の胡麻和え/温泉卵と温野菜のサラダ/焼きとろろ/じゃがいも長葱焼き/酒盗風味の青菜炒め/揚げ百合根と塩昆布/のっぺ汁/根菜と鶏手羽のお煮〆/ほか

関連キーワードから本を探す

関連キーワード

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2019.07.12
『八寸・強肴で困らない本』が「グルマン世界料理本大賞2019」 部門グランプリを受賞
2019.06.26
7月6日(土)【仙台BOOKCON】出展のお知らせ
2019.06.04
世界46カ国で累計7600万部突破!日常のなぜ?に答える科学まんが「Why?シリーズ」日本上陸