MENU

close

MENU

close

別冊家庭画報 日本の個人美術館を旅する

 

日本の個人美術館を旅する

定価:1,728円
(本体1,600円)

ISBN:978-4-418-08124-0

A4変形判 140ページ

  • 試し読み試し読み

内容

珠玉の収蔵品に触れ、美しい時間を過ごす「眼福の旅」への誘い!

陶磁器・日本画・茶道具など、日本の伝統美を今に伝える、思いがけない逸品に出会える、個人美術館を美しいビジュアルで紹介。

【担当編集者からオススメの一言】

最近の美術館の特別展、日本画・陶磁器・仏像…はいつも長蛇の列の人気ぶりですが「もっと心静かに美との対話を楽しみたい」、そんな想いも募ります。
本書がこだわったのは、訪ねる価値あり!の「個人美術館」。
芸術家の邸宅やアトリエ跡に設けられた美術館、あるいはコレクターによるこだわりのワンテーマ美術館、数寄者の茶道美術館etcを全国から38館厳選しました。美術館ガイドとは一線を画する「知るを楽しむ」「美のツボ鑑賞」の指南書。『家庭画報』撮り下ろしの写真構成は見応えも十分です。

目次

◆第一章 美の巨匠
◆第二章 和の粋
◆第三章 蒐集家の眼
◆第四章 茶ごころ

関連キーワードから本を探す

関連キーワード

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2019.07.12
『八寸・強肴で困らない本』が「グルマン世界料理本大賞2019」 部門グランプリを受賞
2019.06.26
7月6日(土)【仙台BOOKCON】出展のお知らせ
2019.06.04
世界46カ国で累計7600万部突破!日常のなぜ?に答える科学まんが「Why?シリーズ」日本上陸