MENU

close

MENU

close

別冊家庭画報 メディチ家 ルネサンス・美の遺産を旅する

 

メディチ家 ルネサンス・美の遺産を旅する

南川三治郎 (写真)雨宮紀子 (文)

定価:本体2,000円+税

ISBN:978-4-418-10145-0

A4変型判 140ページ

  • 試し読み試し読み

内容

美の回廊フィレンツェを創造した、華麗なる一族の歴史絵巻

ウフィツィ美術館蔵の名画や教会内フレスコ画など、華麗な図版を多数掲載。通りいっぺんの観光とは違う、フィレンツェで訪ねたい歴史的スポットも紹介。

【担当編集者からオススメの一言】

「屋根のない美術館」と讃えられる古都フィレンツェ。
ここにルネサンスの大輪の花を咲かせたメディチ家とは?
両替商から身を起し、やがてフィレンツェの専制君主、
トスカーナ大公へとのぼりつめたメディチ家。
さらに、一族からはローマ教皇、フランス王妃をも輩出させた。
一方で絵画、彫刻、建築、文学、芸術をひろく庇護し、
ボッティチェリ、ダヴィンチ、ミケランジェロなど
ルネサンスの巨匠たちと交流し、多彩な美術品を蒐集した。

その「ルネサンス・美の遺産」をメディチ家代々の歴史とともに、
ビジュアル豊かに辿る家庭画報特別編集の一冊。

目次

巻頭口絵
・屋根のない美術館フィレンツェという街
・メディチ家のフィレンツェ 絵地図
・メディチ家 家系図
1章 プレ・ルネサンスと国父コジモ
2章 豪華王ロレンツォとフィレンツェの春
3章 メディチ家の教皇の時代
4章 トスカーナ大公国の誕生
5章 メディチ家の女性たち
〜2人のフランス王妃、カトリーヌとマリー
6章 メディチ王朝の栄光と悲劇
7章 メディチ家の残照
巻末情報 メディチ家「美の遺産」フィレンツェ街ガイド

関連キーワードから本を探す

関連キーワード

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2019.11.06
家庭画報の「オリジナル調味料」と「だし」がデビューしました
2019.10.02
10月25日(金) レイチェル・クー来日決定!! スウェーデン大使館にて出版記念・ランチビュッフェ&サイン会開催
2019.10.02
【受付終了】10月28日(月)『レイチェル・クーのスウェーデンのキッチン』&『レイチェルのパリの小さなキッチン』(DVD BOOK)出版記念 サイン会 開催