MENU

close

MENU

close

観じる民藝

 

観じる民藝

尾久彰三 (著)

定価:本体2,400円+税

ISBN:978-4-418-10207-5

A5判 208ページ

  • 試し読み試し読み

内容

「民藝入門」書の決定版

日本や李朝の器、塗り物をはじめ、ちょっと“?”な珍品まで「用の美」300点を厳選、一堂に!

【担当編集者からオススメの一言】

著者はNHK教育テレビ「知るを楽しむ」で骨董蒐集の指南役を
つとめ、近年の民藝ブームの火付け役。
骨董、民藝品の蒐集家としても有名です。
その尾久氏が、観じて手に入れた品々を暮らしの中で
どう活かすか、民藝とは何か、骨董とは何かを
丁寧に指南します。

横浜・そごう美術館で開催される、彼のコレクションを
一堂に会した「観じる民藝」展(2010年5月29日〜7月4日)。
本書はその図録を兼ねています。

関連キーワードから本を探す

関連キーワード

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2020.10.23
『松井美緒のおいしい手仕事』Instagram 感想投稿プレゼントキャンペーン開催のお知らせ
2020.10.01
『家庭画報11月号』しあわせプリン特集 Twitterプレゼントキャンペーン開催のお知らせ
2020.09.15
『フライパンひとつで極みのフレンチ』表紙のフライパンが当る! SNSキャンペーン開催のお知らせ