MENU

close

MENU

close

家庭画報特別編集 改訂版京都・辻留 季節の茶懐石

 

京都・辻留 季節の茶懐石

平 晴彦 (著)

定価:本体3,000円+税

ISBN:978-4-418-10305-8

A4変型判 152ページ

  • 試し読み試し読み

内容

茶懐石の名店「京都・辻留」に習う、献立の趣向と器づかい

本格的な茶懐石から、わが家のもてなしにも応用できる点心まで。

【担当編集者からオススメの一言】

茶道裏千家にお出入りを許される「懐石・辻留」。その京都店は、
出張料理が専門。四季折々の茶会に相応しい懐石料理で
多くの茶人のかたがたに愛されています。
著者の平晴彦氏は懐石とは「もてなしの心」、
「季節の旬の素材をてらいなく、素直においしく調理すること」に
尽きるといいます。
懐石はすなわち日本料理の基本。味の要となる「だし」の
とり方から、懐石ならではの多彩な献立とその作りかた、
美しい盛り付けの法則や、わが家のもてなしに応用できる
懐石点心など、懐石の名店に学ぶ保存版の一冊です。

また、懐石に使われる器解説や、
綴込み付録「懐石の支度といただき方」など、茶事で役立つ知識も
充実させました。

※本書は1998年小社刊「京都辻留がつくる、季節の茶懐石」の
改訂版。新たに「点心でおもてなしを」の項目を加え、
料理の作りかたを巻末にまとめ、
さらに読みやすく再構成したものです。

関連キーワードから本を探す

関連キーワード

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2019.11.20
<セブンアカデミー 2020冬講座> 受講者募集スタート
2019.11.06
家庭画報の「オリジナル調味料」と「だし」がデビューしました
2019.10.02
10月25日(金) レイチェル・クー来日決定!! スウェーデン大使館にて出版記念・ランチビュッフェ&サイン会開催