MENU

close

MENU

close

ワンダーおはなし絵本 たなばたセブン

 

たなばたセブン

もとしたいづみ (作)ふくだいわお (絵)

定価:1,080円
(本体1,000円)

ISBN:978-4-418-12813-6

A4変型判 24ページ

  • 試し読み試し読み

内容

たなばたの由来話をヒーローが語る! たなばた行事の前に読みたい絵本

おりひめ・ひこぼし・そして……たなばたセブン!とは、だれだ? 幼稚園で大人気のお話絵本が、ついに書店発売!

【担当編集者からオススメの一言】

「子どもたちが集中して聞きました」と、
幼稚園・保育園で大人気を博した絵本が、市販化されました。
たなばたの由来とされる「おりひめとひこぼし」のお話が、
なぞの新ヒーロー“たなばたセブン”を通して、伝えられます。

たなばたの夜の空が晴れるようにと、
てるてるぼうずを作る“たなばたセブン”を見て、
子どもたちもてるてるぼうず作りに参加。
みんなの願いはかなうでしょうか?

作家のもとした先生はおっしゃいます。
「七夕が近づくと、短冊に書かれた願いごとを読むのが楽しみ。
しかし、いつ頃からか“○○がほしい”と
おもちゃの名前が書かれたものが増えた。
物欲がぶら下がっていて、これでは笹飾りが気の毒である。
そもそも、七夕の願いごとは織姫にあやかって
手芸や習字など手習いの上達を願ったことからきている習慣。
願いごととは、欲しいものではないことを
子どもたちに伝えなければ……。
サンタクロースのようなヒーローが七夕に来たら? と思いついた」

そして、この絵本ができました! どうか、ご愛読を。 
読み聞かせなら3歳から、ひとりで読むなら6歳から。


【著者プロフィール】

作●もとしたいづみ
絵本・童話作家、翻訳家。大分県生まれ。
2008年『ふってきました』で講談社出版文化賞絵本賞受賞。
作品に『めかくしおに』(ほるぷ出版)、
『チョコレータひめ』(教育画劇)、『どうぶつゆうびん』(講談社)、『おばけのバケロン』(ポプラ社)ほか多数。

絵●ふくだいわお
絵本作家。岡山県生まれ。
1989年、『がたたん たん』で絵本にっぽん大賞受賞。
作品に『おならばんざい』『さとしとすてネコ』(ポプラ社)、
『ぼくだけのおにいちゃん』(文研出版)、
『おつかいしんかんせん』(そうえん社)ほか多数。

関連キーワードから本を探す

関連キーワード

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2019.07.12
『八寸・強肴で困らない本』が「グルマン世界料理本大賞2019」 部門グランプリを受賞
2019.06.26
7月6日(土)【仙台BOOKCON】出展のお知らせ
2019.06.04
世界46カ国で累計7600万部突破!日常のなぜ?に答える科学まんが「Why?シリーズ」日本上陸