MENU

close

MENU

close

水出し昆布+鰹節・小魚の「簡単習慣」からだが喜ぶ和だしのスープ

 

からだが喜ぶ和だしのスープ

中村 新 (著)

定価:1,404円
(本体1,300円)

ISBN:978-4-418-13311-6

A5判 128ページ

  • 試し読み試し読み

内容

今注目の昆布だしがレシピのベース。四季折々を楽しむスープレシピ62種!

基本の昆布だしにプラス鰹節、プラス小魚(じゃこ)で、電子レンジで仕上げる簡単だしとり生活。レシピは実沢山の食べるスープや、一日に必要な野菜が一度にいただけるベジスープなど、くせになるアイデアレシピが満載!

【担当編集者からオススメの一言】

今話題の昆布だしをベースにした、スープ・レシピブックです。
「和だし」といっても、スープのレシピは幅広く
「和洋中エスニック」までカバー。

レシピの基本となる「和だし」のとり方を、
手間をはぶいた時短提案も本書の特長。
保存のきく水だし&レンジづかいで驚くほど簡単に
本格だしがわが家で楽しめます。

さらにプラス鰹節、じゃこで味のバリエーションがぐっと広がる!
いつものジャガイモのスープも「和だし」でつくると、
なんてほっこりと美味しいのでしょう。

和だしの「うまみ」にはまる、
新しくてどこか懐かしいお洒落なスープ・レシピ集。

目次

スープを楽しむ4つの基本のだしの作り方
水出し昆布をベースにした4つの「和だし」を作りましょう/昆布だし/
昆布・鰹節だし/昆布・小魚だし/贅沢だし

[1]昆布だしで作るスープレシピ
甘い黄金比率の赤野菜スープ・黄野菜スープ・緑野菜スープ/
乾燥海藻とごまのスープ/たっぷり豆もやしのピリ辛スープ/
簡単ビシソワーズ/さつまいものスープ/トマトとしょうがのスープ/
雑穀と鶏ささみのスープ/野菜たっぷり和風カレースープ ほか

[2]昆布・鰹節だしで作るスープレシピ
春の野菜スープ・夏の野菜スープ・秋の野菜スープ・冬の野菜スープ/
とろろ汁するするスープ/里いもとほたての贅沢スープ/
梅昆布雑穀スープ/和だしのクラムチャウダー/
鮭とすりおろし玉ねぎのポタージュ/焦がしにんにくの素麺スープ ほか

[3]昆布・小魚だしで作るスープレシピ
和だしでおいしいオニオンスープ/トマトのおでんスープ/
具だくさん冷や汁/せん切り野菜そば/和だしのトムヤムクンスープ/
ゴーヤーと厚揚げとスパムのカレースープ ほか

[4]贅沢だしで作るスープレシピ
じゃがバタースープ/こんにゃくと豆腐の黒酢サンラータン/
炒めきのこの熱々スープ/ごぼうと水菜の田楽味噌スープ/
和製ハーブの春雨スープ/カリカリ油揚げのフォー ほか

だしの残りで始末の保存食
昆布の醤油煮/鰹味噌/いりこのバーニャカウダ・ソース2種


【著者プロフィール】

中村 新●なかむら しん

フードプロデューサー。
辻調理師学校(現辻調理師専門学校)卒業後、同校教員として
朝日放送「料理手帳」、TBS「料理天国」を担当。
その後、渡欧し、フランスの著名店、ロンドン三ツ星店をまわる。
帰国後はフランス料理「リオン・ドール」(大阪)料理長を経て、
神戸のホテル総料理長を務める。
現在は産業フードプロデューサーとして活躍の場を広げ、
良品計画(Cafe&Meal MUJI)、JR東海フードサービス、UCCグループ、
名鉄レストラン、モビリティランド(本田技研)にレシピを提供。
近著に『Cafe&Meal MUJI 野菜いっぱい人気のデリレシピ60』。

社会に役立つ料理人を作ることと、人々の健康に寄与する
食べ物を作り出すことを目標として活動している。
昆布の老舗「松前屋」コーディネーターとして
「昆布の水塩」など新しい和だしの世界を開発、
海外からも注目されている。

関連キーワードから本を探す

関連キーワード

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2017.11.20
日本紹介メディア「Fun! Japan」との 業務提携のお知らせ
2017.10.10
10月19日、20日【日本橋Book Con】出展のお知らせ
2017.10.06
『夏井いつきの「雪」の歳時記』刊行記念 夏井いつき先生&家藤正人【トークショー&サイン会】