MENU

close

MENU

close

樂と萩

 

樂と萩

樂吉左衛門・坂倉新兵衛 (著)

定価:2,592円
(本体2,400円)

ISBN:978-4-418-14234-7

B5変型判 208ページ

  • 試し読み試し読み

内容

茶陶の最高峰「樂」と「萩」、奇跡のコラボレーション100碗を公開!

樂吉左衛門が萩焼、坂倉新兵衛が樂焼に挑む。

【担当編集者からオススメの一言】

「一樂二萩三唐津」と謳われるように、樂焼と萩焼は
茶陶の最高峰として数寄者から古来、好まれてきました。
その現当主が自らの系譜、焼きものとしての基本を解説します。

そして……本書の見どころは、なんといっても本邦初公開!
異色コラボレーションから生まれた100碗の「紙上公開」です。
樂吉左衞門さんが轆轤をひねり、坂倉新兵衛さんが手で捏ねて、
お互いの茶碗を焼き上げます。

炎が生み出した会心の作品の数々を
愛でることができるのは本書だけです。

関連キーワードから本を探す

関連キーワード

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2019.07.12
『八寸・強肴で困らない本』が「グルマン世界料理本大賞2019」 部門グランプリを受賞
2019.06.26
7月6日(土)【仙台BOOKCON】出展のお知らせ
2019.06.04
世界46カ国で累計7600万部突破!日常のなぜ?に答える科学まんが「Why?シリーズ」日本上陸