MENU

close

MENU

close

拾って楽しむどんぐりの呼び名事典

 

どんぐりの呼び名事典

宮國晋一 (写真・文)

定価:本体1,500円+税

ISBN:978-4-418-14416-7

A5判 112ページ

  • 試し読み試し読み

内容

どんぐりのなるブナ科の樹木22種類から、180点に及ぶどんぐり画像を一挙掲載

どんぐりの見分け方、各どんぐりの名前の由来も楽しく丁寧に解説。世界一大きなどんぐりインシグニスをはじめ外国産も5種紹介。

【担当編集者からオススメの一言】

どんぐりとはブナ科の木の実の総称で、
日本にはコナラやクヌギをはじめ22種類が存在します。
また、どんぐりは形態の多様性が豊かで、
同じ種とは思えないほど、木によって形や大きさが異なります。

本書は長年に渡る収集と撮影を通し、
約180点のどんぐりを掲載した、まさにどんぐりの大図鑑という
内容に仕上がっています。
また、レッドオークをはじめとする外国産も多数紹介してあります。
中でもメキシコ産のどんぐりインシグニスは子どもの握り拳大で、
世界最大種といわれ必見です。

その他、どんぐり各種の名前の由来、食べ方、保存方法等、
盛りだくさんの内容です。本書をみれば、山ガールも
どんぐりガールへ変身すること請け合いです。
いいえ、おそらく新たにどんぐりガールが誕生することでしょう。

目次

第1章●常緑樹のどんぐり
第2章●落葉樹のどんぐり
第3章●外国のどんぐり


【著者プロフィール】

宮國晋一●みやくに しんいち

1965年大阪府生まれ。90年東北大学大学院工学研究科
電子工学科卒業後、三菱電機株式会社に入社。
現在、同社高周波光デバイス製作所で、
宇宙・防衛用電子デバイスの研究開発に従事。
趣味はどんぐりの研究と調査。その他、戦闘装甲車両の模型製作、
粘土を使った造形、猫の世話等。兵庫県三田市在住。
ホームページ【すばらしいドングリの世界】の管理者。 

関連キーワードから本を探す

関連キーワード

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2019.11.20
<セブンアカデミー 2020冬講座> 受講者募集スタート
2019.11.06
家庭画報の「オリジナル調味料」と「だし」がデビューしました
2019.10.02
10月25日(金) レイチェル・クー来日決定!! スウェーデン大使館にて出版記念・ランチビュッフェ&サイン会開催