MENU

close

MENU

close

冨田ただすけ《白ごはん.com》ベストレシピごはんがおいしい 野菜のおかず

 

ごはんがおいしい 野菜のおかず

冨田ただすけ (著)

定価:1,404円
(本体1,300円)

ISBN:978-4-418-15317-6

A5判 128ページ

  • 試し読み試し読み

内容

日本一ていねいな和食レシピサイト《白ごはん.com》発100品

主菜・副菜から汁もの・鍋もの、野菜が主役のごはんものまで、野菜料理レシピの決定版。

【著者より】

1年365日、毎日食べたいのは野菜のお料理。

野菜の持ち味を生かすのぴったりな「和の調理法」で、いろいろな食べ方を試してもらえたら、うれしいです。

目次

第1章 野菜が美味しい基本の副菜
●おひたし
ほうれん草のおひたし/キャベツのおひたし/ブロッコリーとれんこんのカレーおひたし ほか
●ごま和え
オクラのごま和え/長芋のごま和え/かぶの梅ごま和え ほか
●白和え
五目白和え/キャベツの白酢和え/菜の花の白和え ほか
●酢の物
きゅうりの酢の物/きのこの酢の物/にんじんの酢の物サラダ ほか
●ポテトサラダ
野菜ポテサラ/里芋ポテサラ/長芋ポテサラ
●きんぴら
きんぴらごぼう/れんこんのきんぴら/たけのこのきんぴら
●揚げびたし
なすの揚げびたし/アスパラ、いんげん、にんにくの揚げびたし ほか
●シンプルな副菜
じゃこのりピーマン/ゴーヤのツナ和え/焼きトマトのおかか和え/せん切り大根の柚子みそサラダ/刻み春菊のベーコン炒め/豆もやしの鉄火みそ風 ほか

第2章 野菜たっぷりの主菜
●春 若竹煮/春キャベツと手羽先のスープ煮/菜の花とあさりの酒蒸し/新玉ねぎのすき煮 ほか
●夏 ニラもやしのポン酢炒め/ゴーヤの肉詰め焼き/夏野菜とベーコンの炒め煮/みょうがの肉巻き ほか
●秋 なすとごぼうの柳川/揚げ出し豆腐の野菜あんかけ/ごぼうのさつま揚げ/さつまいもと鶏肉の甘辛煮 ほか
●冬 大根と豚バラのこってり煮/ほうれん草とかきのグラタン/白菜の肉野菜炒め/冬瓜のえびそぼろあんかけ ほか

第3章 汁もの・鍋もの
●おかずになる汁もの
ねぎ豚汁/和風ミネストローネ/レタスのかき玉汁/野菜のおすまし ほか
●ごちそう鍋もの
白菜の柚子鍋/鶏だんごのみぞれ鍋/五目野菜の豚しゃぶ鍋/冬野菜と牛すじのおでん ほか

第4章 野菜が主役のごはん
●春 ふきとたけのこの炊き込みごはん/豆ごはん
●夏 トマトごはん/とうもろこしと枝豆の炊き込みごはん
●秋 栗ごはん/吹き寄せ風 炊き込みごはん
●冬 大根めし/根菜と煮干の炊き込みごはん
●ほっとする定番の味 とろろごはん/和風野菜カレー ほか

ごはんがおいしい冨田ただすけ流●始末の料理
野菜の皮や葉っぱ、小さな料理でおいしく生かす
セロリの葉の佃煮/うどの皮のきんぴら/長ねぎのみそ汁/大根の皮のレモンポン酢漬け/ブロッコリーの茎と椎茸の軸の和風炒め/かぶの葉の菜飯 ほか


【著者プロフィール】

冨田ただすけ●とみた ただすけ

月間400万PVを超える和食レシピサイト「白ごはん.com」を主宰。
日本料理店での修業や食品加工メーカーの商品開発職を経て、2013年に料理研究家として独立。雑誌や書籍、WEBなどで活躍する。著書に『白ごはん.comの5分・15分・30分で「和」のおかず』(講談社)、『冨田ただすけの和定食』(学研パブリッシング)、週刊誌「AERA」での連載をまとめた『しあわせの白ごはん』(朝日新聞出版)などがある。

関連キーワードから本を探す

関連キーワード

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2019.05.22
サーバーメンテナンスのお知らせ(2019年5月28日、6月12日)
2019.05.08
成城石井×『家庭画報』 共同開発、初のオリジナルワイン「TASTE」5月29日(水)発売
2019.04.26
5月1日(水)ー21日(火)絵本『あまがえるのかくれんぼ』出版記念 原画展&トークイベント(丸善 丸の内本店)