MENU

close

MENU

close

由来がわかる山野草の呼び名事典

 

山野草の呼び名事典

亀田龍吉 (写真・文)

定価:本体1,500円+税

ISBN:978-4-418-15404-3

A5判 128ページ

  • 試し読み試し読み

内容

今人気の山野草の呼び名と名前の由来が楽しくわかる!

白バックのキリヌキと生態写真の組み合わせで、見やすくわかりやすい。山野草80点を紹介。

【担当編集者からオススメの一言】

好評のロングセラー『雑草の呼び名事典』の山編にあたります。
低山や高原などでふつうに見られる
身近な山野草を80点紹介しました。

中高年をはじめ山ガールにとても人気のある山野草ですが、
意外と花の名前を知らない人が多いようです。
本書は美しいキリヌキ写真をメインに生態写真も組み合わせ、
類書にはない見やすくわかりやすい構成となっています。

山野草の呼び名と名前の由来がわかるので、
山歩きがさらに楽しいものになることでしょう。
プレゼントにも最適です。


【著者プロフィール】

亀田龍吉●かめだ りゅうきち

自然写真家。1953年千葉県館山市生まれ。
植物、昆虫、鳥をはじめ、人間をも含めたすべての自然の
関わり合いをテーマに作品をつくり続けている。
科学と情操の接点でとらえる独自の映像は、
自然写真の世界で高い評価を得ている。
主な著書に『葉っぱ博物館』『街路樹の散歩みち』
(いずれも山と溪谷社)、『花と葉で見わける野草』(小学館)、
『野草のロゼットハンドブック』(文一総合出版)、
『雑草の呼び名事典』(世界文化社)などがある。

関連キーワードから本を探す

関連キーワード

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2019.11.20
<セブンアカデミー 2020冬講座> 受講者募集スタート
2019.11.06
家庭画報の「オリジナル調味料」と「だし」がデビューしました
2019.10.02
10月25日(金) レイチェル・クー来日決定!! スウェーデン大使館にて出版記念・ランチビュッフェ&サイン会開催