MENU

close

MENU

close

写真でわかるきのこの呼び名事典

 

きのこの呼び名事典

大作晃一 (写真・文)

定価:本体1,500円+税

ISBN:978-4-418-15413-5

A5判 128ページ

  • 試し読み試し読み

内容

身近なきのこの名前と、名前の由来が楽しくわかる!

キリヌキ写真と環境のわかる生態写真で構成。調べやすくわかりやすい!

【担当編集者からオススメの一言】

美しい白地のキリヌキ写真をメインに、環境のわかる生態写真を組み合わせた、実物と見比べて使える図鑑です。

臨場感のある楽しい解説も魅力で、散歩のお伴にも最適です。身近なきのこを85種選び、名前と名前の由来がわかり、役立ち感は抜群です。また、すべてのきのこに発生時期や食・毒の区別、食べ方等を解説をしてありますので、きのこ初心者には絶好の入門書といえるでしょう。

美しいビジュアル構成ですので、見るだけでも楽しく、アウトドア派へのプレゼントにもおすすめです。


【著者プロフィール】

大作晃一●おおさく こういち

1963年千葉県生まれ。東海大学理学部卒業。オフロードバイクで野山を駆け巡っていたとき、きのこを発見しその魅力に取り付かれる。以来、サラリーマンとして会社勤めのかたわら、きのこの写真を精力的に撮り続ける。2013年フリーとなり、国内外に広くきのこの写真を提供している。白バックで撮影した写真は、どれもみずみずしく美しい。主著に『きのこ図鑑』(家の光協会)、『きのこの世界』(朝日新聞社)、『フィールドベスト図鑑日本の毒きのこ』(学習研究社)がある。

関連キーワードから本を探す

関連キーワード

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2019.11.20
<セブンアカデミー 2020冬講座> 受講者募集スタート
2019.11.06
家庭画報の「オリジナル調味料」と「だし」がデビューしました
2019.10.02
10月25日(金) レイチェル・クー来日決定!! スウェーデン大使館にて出版記念・ランチビュッフェ&サイン会開催