MENU

close

MENU

close

なかそね荘

 

なかそね荘

中曽根康弘 (発起人)渡邉恒雄・石原慎太郎・寺島実郎 (ゲスト)

定価:本体1,800円+税

ISBN:978-4-418-15502-6

A5判 344ページ

  • 試し読み試し読み

内容

賢人たちは激動の10年をどう見つめてきたのか

昭和の名総理と言論界の重鎮、憂国の作家、戦略家が「日本」を熱く語り合った至高の対談集。

【担当編集者からオススメの一言】

本書は、2004年から2014年にかけて日本テレビでOAされた
「本音激論!なかそね荘」を単行本化したものです。

この10年は自民党から民主党に政権が変わり、
また自民党が政権を奪取するという、
近年まれに見る激動の時代でした。
政治的には「ねじれ」の状況が続き、
経済的には停滞そして漂流し「格差」も広がりました。
そして未曽有の大震災。空前の犠牲者、原発事故は
言い知れぬ不安をかきたてました。

この10年、日本に漂い続けた「出口のない閉塞感」を
賢人たちはどう見たのか。

「まえがき」「むすびにかえて」を中曽根氏、
「あとがき」を渡邉氏が特別寄稿。

目次

第壱回●小泉自民党敗北/日本とアジア/宰相の条件 ほか
第弐回●小泉政権を斬る!/憲法論議/天皇/NHK ほか
第参回●トリノ/少子化/移民/教育/崖っぷちニッポン ほか
第四回●いじめ/安倍政権への評価/北朝鮮と中国 ほか
第伍回●福田/大連立構想/東国原/食品偽装/ねじれ ほか
第六回●鳩山総理/普天間基地/日中関係 ほか
第七回●菅内閣/小沢一郎/尖閣問題/北方領土 ほか
第八回●東日本大震災/野田内閣/大阪都構想 ほか
第九回●第二次安倍内閣/日本維新の会/消費税増税 ほか
第拾回●アベノミクス/特定秘密保護法/集団的自衛権 ほか


●発起人
中曽根康弘(第71〜73代内閣総理大臣)

●ゲスト
渡邉恒雄(読売新聞グループ本社代表取締役会長・主筆)
石原慎太郎(作家)
寺島実郎(一般社団法人日本総合研究所理事長)

●聞き手
テリー伊藤(演出家)
小栗 泉(日本テレビ報道局解説委員)

関連キーワードから本を探す

関連キーワード

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2020.09.15
『フライパンひとつで極みのフレンチ』表紙のフライパンが当る! SNSキャンペーン開催のお知らせ
2020.09.15
『フライパンひとつで極みのフレンチ』発売記念 「湘南料理塾」(※オンライン限定レッスン)10月25日(日)開催のお知らせ
2020.08.21
テレビで話題!"お魚王子"の人気書籍 『わたしたち、海でヘンタイするんです』の特別展が、下田海中水族館で開催中