MENU

close

MENU

close

私の海の地図

 

私の海の地図

石原慎太郎 (著)

定価:3,240円
(本体3,000円)

ISBN:978-4-418-15514-9

四六判 320ページ

  • 試し読み試し読み

内容

「海の男」、石原慎太郎のまなざしをとおして描かれる海の魅力!

『家庭画報』の人気連載を書籍化。

【担当編集者からオススメの一言】

「海なしに私の人生はありえなかった」。

著者は、中学生の頃からのヨットマンである。風や波の味わい、海の上から眺める島や岩、岬の全く違う印象を知り尽くす著者の体の内に納(しま)われた海を、臨場感溢れるカラー写真124ページを介してつづった、石原氏の海の記録の集大成!

神子元島(みこもとじま)、初島、式根島、三本岳(さんぼんだけ)、爪木崎(つめきざき)、久米島、与那国島、龍飛岬、湘南……、日本の海ほど変化に富んで、恐ろしく、楽しく美しい海はないと断言する著者が贈る「海の啓蒙書」。
 
遭難寸前のオーシャンレースでの体験、著者のクルーザーであるコンテッサ歴代の勇姿、石原文学を育んだ海を一望できる書斎、世界の海での鮮やかなエピソード。あまり知られていない石原氏の本質、「海の男」のまなざしをとおして描かれる海の魅力は限りなく深い。

目次

湘南の海/限りなく恐ろしく美しい難所 神子元島/初島の魅力/愛してやまない式根島/絶海に聳える孤岩の群れ 三本岳/越すに越されぬ爪木崎/秘宝の南島/波切大王 なけりゃいい 大王崎/白砂の浜を巡る海 久米島/未知に満ちた西表島/与那国島の海底神殿/吹きすさぶ龍飛岬/書斎から眺める逗子湾/恐ろしい北マリアナ/憧れの大環礁 ヘレン/夢の群島 カロリン諸島/限りない変化の海 グレートバリアリーフ ほか


【著者プロフィール】

石原慎太郎●いしはら しんたろう

1932年9月30日神戸市生まれ。一橋大学卒業。1956年、大学在学中に執筆した『太陽の季節』で芥川賞受賞。『完全な遊戯』『化石の森』『星と舵』『生還』『わが人生の時の時』『風についての記憶』『弟』『やや暴力的に』『歴史の十字路に立って』など著書多数。1968年、国会議員に当選し、環境庁長官、運輸大臣などを歴任。1999年から2012年まで東京都知事を4期にわたって務める。同年、衆議院議員として国政に復帰、2014年12月政界引退を表明。2015年、旭日大綬章授章。

関連キーワードから本を探す

関連キーワード

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2019.05.08
成城石井×『家庭画報』 共同開発、初のオリジナルワイン「TASTE」5月29日(水)発売
2019.04.26
5月1日(水)ー21日(火)絵本『あまがえるのかくれんぼ』出版記念 原画展&トークイベント(丸善 丸の内本店)
2019.04.24
5月3日(金・祝)ー5日(日・祝)上野の森 親子ブックフェスタ2019 出展のお知らせ