MENU

close

MENU

close

華麗なるプリンセス・ストーリー鏡の国の衣裳美術館 ぬり絵ブック

 

鏡の国の衣裳美術館 ぬり絵ブック

田代知子 (著)

定価:1,404円
(本体1,300円)

ISBN:978-4-418-17223-8

B4変判 96ページ

  • 試し読み試し読み

内容

日本を代表するぬり絵作家として知られ、海外にも多くのファンを持つ田代知子さんの最新刊。

SNSで海外に多くのファンを持つ田代知子さんの最新刊。テーマは「ファッションをリードしてきたヒロインたち」です。伝説の美女たちが次々と登場。本書の舞台は美の女神が支配する「鏡の国」。そこで歴史のおしゃれを追っていく、ファンタジックな流れとなっている点もまたユニークです。

目次

エリザべス1世、ポンパドゥール夫人、王妃マリー・アントワネット、ロシア女帝エカテリーナ2世、ジョゼフィーヌ夫人、アール・ヌーボー、アール・デコのファッション、ほか。


画家・イラストレーター。東京に生まれる。多摩美術大学日本画専攻卒業。堀文子氏に師事。
本の装丁・挿画、雑誌広告、新宿伊勢丹や新宿小田急エースのウィンドウ・ディスプレイ、
コーセーや資生堂のパッケージイラストなど多方面で活躍。
繊細な筆致のペン画による、ぬり絵ブックを手がけ、英国でブレイク、瞬く間に世界中に広まったした細密ぬり絵ブームを牽引する日本人作家。シリーズの『おとぎ話のぬり絵ブック』 『お姫さまと妖精のぬり絵ブック』『ファンタジーのぬり絵ブック』(パイ インターナショナル)シリーズは累計20万部。中国、韓国、ベトナムなどアジア諸国で翻訳され、その英語版は、イギリスで刊行、アメリカ、ヨーロッパ各国に配本されている。その完成ぬり絵の作品はSNSを通じて、世界中のファンから多数投稿されている。
ほか、著書に『色えんぴつで描こう 小さな花とかわいい模様』『色えんぴつで描こう 小さなイラストと和の文様』『はじめての色えんぴつ画 花いろさんぽ道』『はじめての水彩画 12 か月の花スケッチ』(パイ インターナショナル)、装丁挿絵に『田園の快楽』『 田園の快楽 それから』『ワインの時間』(すべて、玉村豊男著、世界文化社)がある。

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2017.09.20
10月19日、20日【日本橋Book Con】出展のお知らせ
2017.08.14
新刊絵本『おべんとうばこのなかから』  レビューコンテストのおしらせ
2017.08.07
めぐろバレエ祭り  世界文化社「LOVE Ballerina」プレゼンツ プロフェッショナルに学ぶ"美"の魅せ方"