MENU

close

MENU

close

残したい手しごと日本の染織

 

残したい手しごと日本の染織

片柳草生 (著)

定価:2,808円
(本体2,600円)

ISBN:978-4-418-17414-0

A5判 160ページ

  • 試し読み試し読み

内容

全国の染織品(きもの、帯)の現場を徹底取材。

現在も作られている、全国の美しい染織品(きもの、帯)の現場を徹底取材。「ユネスコ無形文化遺産」「重要無形民族文化財」などの希少な染織に、独特の素材作りなども細やかに紹介します。

目次

【草木布】
芭蕉布、太布、アットゥシ織、越後上布、小千谷縮、宮古上布、八重山上布、葛布
【究極の手わざ】
鍋島更紗、花倉織、紙布、南部菱刺し、帽子絞り
【風土が薫る織物】
結城紬、結城縮、丹波布、弓浜絣、薩摩絣
【手しごとの素材】
座繰りの絹糸、袋真綿、すくも、藍染め、手績みの苧麻


文筆家

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2017.10.10
10月19日、20日【日本橋Book Con】出展のお知らせ
2017.10.06
『夏井いつきの「雪」の歳時記』刊行記念 夏井いつき先生&家藤正人【トークショー&サイン会】
2017.10.02
湘南蔦屋書店イベント 【銀座・てんぷら近藤ご主人に教わる「天ぷらのきほん」】