MENU

close

MENU

close

新 田園の快楽

 

新 田園の快楽

玉村豊男 (著)

定価:2,376円
(本体2,200円)

ISBN:978-4-418-18503-0

A4変判 128ページ

  • 試し読み試し読み

内容

エッセイスト、画家、ワイナリーオーナーでもある玉村豊男氏が、写真とエッセイで綴る田園生活の日々

1991年夏、玉村夫妻は長野県東部町(現、東御市)の里山の上に引っ越しました。思わず息を呑むほどの大自然の眺望は、まさに「ヴィラVILA=荘園の館」「エストEST=(ここに)在る」で、二つの言葉が合体した瞬間ー「ヴィラデスト」ー、ここが夫妻の「終の棲処」に決まったのでした。この本は、自然の中での暮らしに美を求め、多くの人々と関わってきた著者の、四半世紀に及ぶ営みの記録です。

目次

第一章 里山のヴィンヤード
第二章 私たちが野菜農家だった頃
第三章 カフェという名のレストラン
第四章 ヴィラデスト・ガーデンファーム
第五章 三人で二〇四歳が囲む毎日の食卓
第六章 私のライフワーク


玉村 豊男/
エッセイスト・画家・ワイナリーオーナー。1945年東京生まれ。東京大学フランス文学科卒。1968年パリ大学言語学研究所留学。1972年より文筆業。1983年長野県軽井沢町、1991年同県東部町(現・東御市)に移住して農園を開き、2004年ヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリー開業。2007年元箱根に玉村豊男ライフアートミュージアム開館。2014年日本ワイン農業研究所を設立し、アルカンヴィーニュ(ワイナリー)を拠点とする千曲川ワインアカデミーを開講。『パリ 旅の雑学ノート』『料理の四面体』『田園の快楽』『絵を描く日常』『千曲川ワインバレー』『隠居志願』『病気自慢』など著書多数。

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2019.06.04
世界46カ国で累計7600万部突破!日常のなぜ?に答える科学まんが「Why?シリーズ」日本上陸
2019.06.01
『家庭画報』が「第4回 九州魅力発掘大賞」を受賞!
2019.05.31
心と体の健康をサポートする情報誌『わたし時間』刊行スタート