MENU

close

MENU

close

尼寺「三光院」の料理長が教えるはじめてのおそうざい精進

 

はじめてのおそうざい精進

西井 香春 (著)

定価:1,944円
(本体1,800円)

ISBN:978-4-418-19309-7

B5変判 128ページ

  • 試し読み試し読み

内容

「精進料理」=「和のヴィーガン」。野菜や大豆、豆腐など体にいい料理を生かしきる知恵がたくさん

「精進料理」というと、ストイックで特別なものに思えますが、いわば「和のヴィーガン」。野菜や豆、大豆、豆腐の持ち味を生かし、無駄なく使いきるヘルシー料理です。この本では、東京・小金井の尼寺「三光院」料理長が84品をご紹介。もともと、天皇家の皇女が門跡(住職)を務める京都の尼寺に、600年にわたって受け継がれたもので、作り方はとてもシンプルながら、優美な姿や盛り付けは女性ならでは。

目次

第一章●まずは、作ってみたい! 精進料理
 大和いもの海苔巻き/けんちん汁/にゃく天/高野豆腐の白煮/ごぼうの白みそ炊き/焼きしいたけ/ごま豆腐 など
第二章●「野菜」が主役
 おなます/なすのお丸煮/干し柿と大根の酢のもの/ほうれん草の根のごま和え/れんこんだんごの甘辛煮 など
第三章●「豆腐」が主役
 豆腐の磯揚げ/インドのうさぎ/かんぴょうの豆腐巻き/おくこん豆腐/塩焼き豆腐/卯の花 など
第四章●「豆」が主役
 数珠玉揚げ/えんどう豆の葛とじ/そら豆のうす炊き/大豆のオレンジ煮/刻み納豆の青じそ揚げ など
第五章●ご飯もの
桜ご飯/青じそご飯/しょうがのおばん/豆のおばん/おちらし/たけのこの姿ずし/炒り豆腐丼 など


16歳で渡仏し、フランス家庭料理と製菓を学ぶ。帰国後六本木でフランス家庭料理教室やワイン会などを催す「ポ・ト・フー」を主宰。本名・西井郁の名前でNHK「きょうの料理」にレギュラー出演するなど、メディアで活躍、書籍も多数出版。1993年、日本料理の原点を究めるため、東京・武蔵小金井の尼寺「三光院」の住職・香栄禅尼に師事。現在、竹之御所流精進料理を同院で提供するかたわら、NHK学園で精進料理教室の講師を務めるなど、継承・普及に情熱を傾けている。

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2019.05.22
サーバーメンテナンスのお知らせ(2019年5月28日、6月12日)
2019.05.08
成城石井×『家庭画報』 共同開発、初のオリジナルワイン「TASTE」5月29日(水)発売
2019.04.26
5月1日(水)ー21日(火)絵本『あまがえるのかくれんぼ』出版記念 原画展&トークイベント(丸善 丸の内本店)