MENU

close

MENU

close

モン・ブックス 中央分水嶺を旅する

 

中央分水嶺を旅する

栗田貞多男 (著)

定価:1,760円(税込)

ISBN:978-4-418-22213-1

文庫判 256ページ

  • 試し読み試し読み

内容

日本列島を南北に貫く「中央分水嶺」を豊富なカラー写真で紹介!

山と自然の素晴らしさを伝えるモン.ブックス第5弾。 中央分水嶺とは、北海道から九州までを南北に貫く脊梁山脈であり、水系を日本海と太平洋に分ける全長6000キロに及ぶまさに日本列島の背骨。この中央分水嶺を豊富なカラー写真で紹介する本は画期的。実際に登れる山、車で行ける場所、自然景観、動植物などを案内する。あわせて日本の高山である日本アルプスも紹介する。


栗田貞多男/
1946年、長野県長野市生まれ。故・田淵行男氏に師事、写真家となる。現在も長野市に住み、山や川・蝶など自然を題材にした写真を撮り続けている。クリエイティブセンター・フォトライブラリー主宰。主な著書に『日本の屋根』 『ゼフィルスの森』 『黒部』 『信州山岳大展望』などがある。

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2022.06.24
【第9回 料理レシピ本大賞】『お味噌知る。』と『王さまのお菓子』の2タイトルが一次選考を通過!
2022.06.24
【書籍刊行記念 特別イベント】『からだが整う ゆるヴィーガンレシピ』著者の庄司いずみさんによる、参加費無料の「ヴィーガン料理」オンラインレッスン開催のお知らせ
2022.06.24
『北欧こじらせ日記』3刷重版&著者フィンランド移住決定! 感謝を込めて御礼キャンペーンを開催