MENU

close

MENU

close

81歳、現役女医の転ばぬ先の知恵

 

81歳、現役女医の転ばぬ先の知恵

天野惠子 (著)

定価:1,760円(税込)

ISBN:978-4-418-24500-0

四六判 192ページ

  • 試し読み試し読み

内容

女性外来を作った伝説の医師が教える【老いの壁の越え方】

女性の高齢期、体や頭はいつ、どう変化する? どう備える?
そんな謎だらけの女性の老いの壁の上手な乗り越え方を、女性医療の権威が伝授。天野医師は、今や当たり前になった女性専用の診療科目・女性外来の設立に貢献したパイオニア。内科医として58年、究極の男性社会である医学界を生き抜き、3人の娘を育て上げ、81歳の現在も診療に精力的に取り組むパワーの原動力と思考のコツ、健康の秘訣を初公開。

【著者プロフィール】
天野惠子●1942年生まれ。
静風荘病院顧問。日本性差医学・医療学会理事。NPO法人性差医療情報ネットワーク理事長。内科医。
東京大学医学部卒業。専門は循環器内科。東京大学講師、東京水産大学教授をへて2002年千葉県立東金病院副理事長兼千葉県衛生研究所所長。09年より静風荘病院で女性外来を開始、現在も臨床に携わる。

目次

・81歳、現役内科医のひとり暮らし ─私を作る4つの柱
・天野惠子医師のこれまで ─私の履歴書
・はじめに

Chapter1●女性の老いの壁はこうして超える!
エストロゲンの保護がなくなり、体質が激変する老年期/子宮と卵巣を摘出して起きた人生の一大事/皮膚の異変と激しい冷え、倦怠感に襲われた地獄の日々/女性医師による、女性患者のための医療を広める/多彩で多様な女性の症状は漢方を味方にするとうまくいく ほか

Chapter2●体を温めると、必ず健康になる
多くの病気は冷えから。体を芯から温めると病気が逃げていく/15分入浴で心地よく体を温める“温活”のススメ/朝の白湯で内臓が目覚める! 体が内側から温まる/熱産生を促し、冷えに強くなる食べ方のコツ ほか

Chapter3●更年期からが女性の人生の本番!
集中力と思考力の大幅なダウンに苦しんだ10年間/自律神経を整えてエストロゲンの変動をカバーするセルフケア/骨量をこれ以上へらさない食事と運動/3人の子どもを抱え、究極の男性社会·東大病院で孤軍奮闘/59歳、霧が晴れるように更年期が明けた!/多様な症状をやわらげる漢方の三大処方/興奮やイライラを鎮めたいときはピンポイントで効くこの薬! ほか

Chapter4●ストレスをしなやかにかわす生き方
柳に風の「まあいいか」思考でストレスから心を守る/全身全霊で仕事にかける私の背中を見て育った娘たち/自分にも他人にも柔軟でやさしい人が、うまくいく!/コントロールできないことは執着しないで上手に手放す/深い呼吸を習慣づけるとメンタルが強くなる ほか

Chapter5●自分らしく老いを生き切る
75歳で筋トレデビュー。週2のジム通いでリフレッシュ/パーソナルトレーニングは運動を習慣づける最良の自己投資/体質改善と病気予防のためにはじめた“最強の野菜スープ”/夜間頻尿は簡単な対策で驚くほど改善する/自然に触れる非日常の体験が人生のスパイスに/「100歳現役」を目指してこれからも走り続ける ほか

・おわりに


【お詫びと訂正】
本文/以下の項目で誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

p87・後ろから5行目
(誤)50歳のとき ⇒ (正)75歳のとき

p107・表組の1行目
(誤)ほてり・のぼせ ⇒ (正)めまい

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2024.03.19
『うさぎになった日』SNSプレゼントキャンペーン
2024.03.15
パンダグッズがもらえる!『パンダ沼への招待状』SNS感想投稿キャンペーン!
2024.03.07
『もっと!誕生日が教えてくれる本当のあなた』SNSプレゼントキャンペーン