MENU

close

MENU

close

中原淳一の世界 幸せになる言葉

 

中原淳一の世界 幸せになる言葉

ひまわりや (監修)

定価:本体1,800円+税

ISBN:978-4-418-13502-8

B5判 144ページ

  • 試し読み試し読み

内容

2013年は「生誕100周年」。時代を超えて心を打つ中原淳一自身の「言葉」をフィーチャーした一冊

「ひまわり」「それいゆ」はじめ中原が手がけた往年の名画が満載!

【担当編集者からオススメの一言】

人形作家を出発点として、雑誌の発行と編集、
グラフィックデザイナーに文章家……。
そのマルチな才能で“本当の美しさ”とは何かを発信、
女性たちを魅了し続けてきた中原淳一さん。

リアルタイムで中原さんの言葉に触れた世代はもちろん、
10代、20代にも新しいファンが広がっています。
それは何故か――。
中原さんが紡ぎだす言葉には、女性が女性らしく生きるための
真理があるから。そして、女性に対する愛があるから。

2013年は中原さんの生誕100年。
心豊かに生きるとは、どういうことか。
往年の名画を楽しみながら読んでみてください。

目次

第一章 中原淳一の世界
メッセージ
全ては「美しく生きる」ために
もう少し元気で仕事をしてもらいたかった──文・中原蒼二
夢を与える仕事
暮らしを新しく美しくする
夢のあるスーベニール
夢を生かす机

第二章 美しく生きるということ
美しさ 
一日一善 
美しい心の人は一日では生まれない
女らしい少女
仕事に対する心がまえ
微笑
一番素晴しい人
私の好きな少女
パリの子供とお人形
ことばのエチケット

第三章 愛するということ
愛されるものの責任
年長者に対する尊敬
親切な心に甘えてしまうこと
五月第二日曜日はお母さまの日
結婚の支度
よろこびを分ちあう披露宴
愉しく新しく

第四章 みだしなみを整える
愛に溢れたファッション
夏の子供服
季節と配色
美しさを輝かせるもの
みだしなみ えちけっと
少女らしい和服の着方
ゆかた
秋にちょっと羽織るもの
木綿のブラウス
エプロンは普段着でお家のいろどり
自分のからだを研究する
夏の波うつ髪
美しい手
みだしなみ せくしょん

第五章 うるおいのある生活を
心遣いに満ちた暮らしのアイディア
贈り物のエチケット
秋の花とお人形
花のえちけっと
「時」を無駄なく使いましょう
生活の工夫
お部屋の工夫
お客さまエチケット
はぎ合せて作るおふとん
封筒がない時にはこうして手紙を出しましょう
雛祭のために

第六章 思い出を大切に
思い出
中原先生は人生の師です──牧野哲大さん
風にのってくる思い出
思い出のスケッチ帖より
民ちゃん/白壁の手形/お遍路さん/秋雨と母

中原淳一の本
年譜──中原淳一 美とともに

関連キーワードから本を探す

関連キーワード

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2019.11.20
<セブンアカデミー 2020冬講座> 受講者募集スタート
2019.11.06
家庭画報の「オリジナル調味料」と「だし」がデビューしました
2019.10.02
10月25日(金) レイチェル・クー来日決定!! スウェーデン大使館にて出版記念・ランチビュッフェ&サイン会開催