MENU

close

MENU

close

14歳、全盲、奇跡の歌姫そのままの今を好きになる

 

そのままの今を好きになる

上田若渚 (著)

定価:本体1,500円+税

ISBN:978-4-418-14500-3

四六判 182ページ

  • 試し読み試し読み

内容

生まれつき全盲の少女がつづる、歌との出会いからCDデビューまでの軌跡

私の夢は“ブドウカン”で歌うこと! 点字メッセージつき。

【担当編集者からオススメの一言】

生まれつき全盲の少女、上田若渚。
障害を感じさせることなく、明るく前向きに生きる
彼女のパワーの源は「歌」。歌うことが大好きな彼女が、
歌を通してさまざまな人たちとつながり、
さらに自分の可能性を広げていく。

そんな彼女の生い立ちから念願のCDデビューまでを、
笑いと感動のエピソードで綴る。母への想いを込めた歌詞、
不登校の友人を救った歌詞も収録。
また、巻頭の言葉は点字訳つき。


【著者プロフィール】

上田若渚●うえだ わかな

2000年3月12日生まれ。
生後2か月目、目でものを追わないことに母親が気づき、
1歳を迎えたころ、全盲と診断。3歳で愛知県立岡崎盲学校の
幼稚部に入園する。4歳のころ、カラオケで歌う楽しみを覚え、
ピアノ、ギターも習い始める。盲学校小学部1年生のとき両親が離婚。
4年生になり、チャリティコンサートのゲストとして訪れた
シンガー・杉浦貴之氏に歌の才能を見いだされ、翌年、
杉浦氏のトークライブで初めて人前で歌を披露。その後、
さまざまなアーティストと出会いながらセッションを重ね、
2013年、NHKで放送された「ティーンズプロジェクト フレフレ」では、
初の作詞に挑戦。同年、念願のCDデビューを果たし、
自立を目指して盲学校の寄宿舎で生活する傍ら、
シンガーとして活動を続けている。

関連キーワードから本を探す

関連キーワード

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2019.11.20
<セブンアカデミー 2020冬講座> 受講者募集スタート
2019.11.06
家庭画報の「オリジナル調味料」と「だし」がデビューしました
2019.10.02
10月25日(金) レイチェル・クー来日決定!! スウェーデン大使館にて出版記念・ランチビュッフェ&サイン会開催