MENU

close

MENU

close

座り方、食べ方、眠り方で下がる!血圧リセット術

 

血圧リセット術

東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科教授 市原淳弘 (著)

定価:本体1,500円+税

ISBN:978-4-418-19431-5

A5判 224ページ

  • 試し読み試し読み

内容

ガマンいらず!あきらめしらず!薬いらず!簡単な日常動作で血圧が下がる!

毎日の日常生活で無理をせず、がまんをしないで続けられる方法が満載。健康だけでなく、血圧は、「お金」「仕事のパフォーマンス」「見た目年齢」等など、体重計以上に、あなたの健康や将来に直結する「未来がわかるバロメーター」なのです。毎日の食べ方、眠り方、座り方など本当に簡単な動作で、血圧の悩みをエビデンスに基づき正しく解決。ふんだんなイラストで、子供から大人まで血圧ダウンのコツをわかりやすく紹介します。

目次

血圧のホント最前線
@ 血圧にまつわる“5つの誤解”           
A 血圧の見方と新常識             
B 血圧が変わる最新エビデンス10          
Chapter1
あなたの知らない世界 血圧High&Low  
 ・血圧が高いと3万回多く呼吸する       
 ・一生に使う血液量はジェット機1653機分    
 ・血圧が高いと血の巡りは秒速9p遅くなる     
 ・血圧が上がると心臓が50gメタボになる ほか

Chapter 2
弱った体に切り札 体を蘇らせるリセット血圧
 ・血圧だけじゃない! 一生が変わる見逃せない5つのメリット
・血管を蘇らせるガスは、40代で50%消失する       
・血圧をコントロールする人がすべてを手に入れる     
 ・気にすべきは“瞬間血圧”より体質が変わる“リセット血圧”
・血圧を下げるたった3つのルール  ほか

Chapter3
最新科学で極める 血圧1分de再起動プログラム
 ・疲れてると思ったら鼻深呼吸と関節ストレッチ     
 ・1分で血圧ダウンの“リセットスイッチ”を入れる!
・血液を早く動かす“ズリズリ運動”で血圧DOWN
血管拡張力4倍以上! 口呼吸と鼻呼吸で大違い!
「片鼻呼吸」で瞬間 血圧リセット    
血圧をリセットするタイミングは1日3回
首肩こりは血圧上昇の危険信号って、ホント? ほか

Chapter4 
食べ方で得する 塩出しトレーニング   

塩分はどれだけ摂っても大丈夫という説のウソ×ホント
体力寿命のカギを握る「塩出し力」
あっ食べちゃった!と思ったら「前向きリセット」

・最強のパワー成分・カリウムの新常識  
・正しい“塩出しのコツ”は1:2のワザ食でスッキリ
・調理のしかたでせっかくの塩出し力半減も!
・あなたが眠らせている“塩出し力”を鍛えよう
・塩分摂ったら出す、牛乳一杯!ミルクマトリックスって何?
・血圧を下げるなら毎日同じ種類のヨーグルトはソンする
・お酢は運動しないと血圧効果ならず!           
・20分以上運動をしないのに飲むと逆効果!
・スポーツドリンクは真夏だからといって飲むな ほか

Chapter5
「NO(一酸化炭素)」を増やす 血液の動かし方 3分血圧リセット術 
            
・疲れやすい人ほど高血圧になるワケ! 
・血圧をリセットするなら上半身より下半身を動かすほうが得 
・血圧にはちょこちょこ運動がかなりイイ理由      
・血圧リセットトレーニングは20秒ごとに大きなメリット   
・血圧リセット トレーニングガイド             
・血圧ダウン・スパイラルに 今日からやめる心得5 ほか

血圧行動学
・日常動作で弱った血管を生まれ変わらせる
・座り疲れがはじまったら、社長座りに!!
・60分以上の長電話は高血圧リスクが4倍!       
・血圧ダウンの眠り方は“横向き姿勢”が正解        
・トイレの“イキみ”は10秒以内で
・会議のあくびはかみころしてはいけない ほか
  
 
Chapter6
その思い込みが間違いのモト!血圧24Hour      
・血圧が高めな人は目がさめてすぐ起きてはいけない          
・30%の力で噛んで血圧をコントロールする 
・血圧が高い人は足を組むと最大10o/Hgも上がる          
・座りっぱなしリスクを回避する小刻み動作4             
・便秘ぎみはすでに血圧が黄色信号                
・便秘血圧解消エクササイズ                    
・1分間に6回の呼吸で寝入りを3倍速くする ほか          


市原 淳弘/
東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科 教授・医学博士。愛知県名古屋市生まれ、昭和61年慶應義塾大学医学部卒業。日本高血圧学会専門医、日本内分泌学会。内分泌代謝専門医であり、現在、東京女子医科大学内分泌内科学講座 教授・講座主任、日本高血圧学会理事、日本妊娠高血圧学会副理事長などを務める。「高血圧」を「治す」ことを信条に、年間7500名もの高血圧患者を診療している。また、全国各地の血圧の高い医師らが駆け込む「医者が信頼する血圧専門医」として絶大な信頼を得ている。テレビやセミナー、講演会など多方面で活躍。趣味は落語とジョギング。笑いながら何歳まで走り続けられるかにチャレンジしている。

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2020.07.01
創刊750号記念『家庭画報8月号』本日発売
2020.06.10
「セブンアカデミー夏期」オンライン講座をスタート
2020.05.26
「セブンアカデミー」講座の一部再開のお知らせ(5月26日現在)