MENU

close

MENU

close

物語とみどころがよくわかる名作バレエ70鑑賞入門

 

名作バレエ70鑑賞入門

渡辺真弓 (文・監修)瀬戸秀美 (写真)

定価:本体2,000円+税

ISBN:978-4-418-20210-2

A5判 192ページ

  • 試し読み試し読み

内容

バレエを愛するすべての方に贈るガイドブック決定版。永遠の傑作チャイコフスキー三大バレエを筆頭に、20世紀生まれのバレエ「ロミオとジュリエット」「シンデレラ」「オネーギン」「姫」、また振付家バランシン、プティ、ベジャール、ビントレー作品など、
世界で上演され、日本でも見る機会の多い作品を厳選、その物語とみどころを作品ごとにコンパクトに解説します。わかりやすいバレエ通史としても楽しめます。

目次

Part1華麗なるバレエ名作選
バレエの世界への誘い
◆永遠の美 チャイコフスキーバレエ
白鳥の湖
くるみ割り人形
眠りの森の美女
◆バレエの魅力満載クラシック・バレエ
ラ・フィーユ・マル・ガルデ(リーズの結婚)
ラ・シルフィード
ジゼル
ナポリ
パキータ
海賊
ファラオの娘
ドン・キホーテ
コッペリア
シルヴィア
ラ・バヤデール
人形の精
ライモンダ
◆物語に魅了される20世紀以降のバレエ
パリの炎
ロミオとジュリエット
シンデレラ
スパルタクス
愛の伝説
真夏の夜の夢
オネーギン
じゃじゃ馬ならし
マノン
うたかたの恋
椿姫
人魚姫
アラジン
パゴダの王子
不思議の国のアリス

Part2バレエ史に刻まれる傑作選
[コラム]ロマンティック・バレエ
パ・ド・カトル
レ・シルフィード
[コラム]バレエ・リュス
瀕死の白鳥 
シェエラザード
火の鳥
薔薇の精
ペトルーシュカ
牧神の午後
春の祭典
[コラム]バランシン作品
セレナーデ 
ジュエルズ
アポロ
テーマとヴァリエーション
[コラム]ロビンズ作品
ダンシズ・アット・ギャザリング
[コラム]チューダー、リファール作品
リラの園
白の組曲
[コラム]ローラン・プティの世界
若者と死
カルメン
アルルの女
こうもり
[コラム]ベジャールの世界
ボレロ
ザ・カブキ
交響曲第九番
[コラム]現代に活躍する気鋭の振付家作品
イン・ザ・ミドル・サムホワット・エレヴェイテッド
ル・パルク 
アンナ・カレリーナ
イワンと仔馬
Part3 ガラで踊られる人気のパ・ド・ドゥ&ソロ
[コラム]ダンサーの妙技を味わう演目
ゼンツァーノの花祭り
フローラの目覚め
タリスマン
ダイアナとアクティオン
海と真珠
エスメラルダ
グラン・パ・クラシック
アルレキナーダ 
タランテラ 
チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ
ドリーブ組曲 

[コラム]世界のバレエ団〜伝統と革新の流れの中で
[コラム]日本のバレエ団 
[コラム]覚えておきたいバレエの言葉 バレエの基本用語集


文・監修 渡辺真弓 わたなべまゆみ/
舞踊評論家。お茶の水女子大学及び同大学院修士課程で舞踊教育学を専攻。
オン・ステージ新聞社に勤務する傍ら、季刊『バレエの本』に寄稿。
1990年『毎日新聞』に舞踊評を執筆し正式デビュー。1991〜2006年パリ在住。舞踊専門紙誌に定期的に寄稿。
埼玉全国舞踊コンクール、クラシックバレエ2部(児童)審査員。
文化庁及び芸術文化振興基金の各種専門委員を歴任。京都賞、ニムラ舞踊賞等の推薦委員。
著書に『バレエの鑑賞入門』共著・『名作バレエ50鑑賞入門』(世界文化社)、
『日本のバレエ—3人のパヴロワ』『世界のバレエ学校』『チャイコフスキー3大バレエ』(新国立劇場運営財団情報センター/丸善出版)、
『魅惑のバレエの世界〜入門編』『パリ・オペラ座へようこそー魅惑のバレエの世界』(青林堂)ほか。
監修にNHK—Eテレ『“エトワール”をめざして〜パリ・オペラ座バレエ学校の子どもたち』
『学研まんが 世界の伝記—アンナ・パヴロワ』(学研教育出版)ほか。

写真・瀬戸秀美 せとひでみ
写真家。西日本新聞で報道写真に携わり、1972年、週間『オン★ステージ新聞』で舞台写真を始め、
月刊『ダンス・マガジン』や季刊『バレエの本』創刊に携わる。
以後、バレエを中心に舞台写真を専門に活躍。日本写真家協会会員、日本舞台写真家協会会員。

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2020.08.07
『家庭画報9月号』九州を愛すTwitterプレゼントキャンペーン開催のお知らせ
2020.07.30
書籍『これからの生き方。』購入者限定、北野唯我さんオンライントークイベント開催のお知らせ
2020.07.15
<累計6万部>『伝説の家政婦 志麻さんがうちに来た!』6刷重版決定!