MENU

close

MENU

close

職場で、人前で自分を出せない人のためのブレイクセルフ〜自分を変える思考法

 

ブレイクセルフ〜自分を変える思考法

定価:1,540円(税込)

ISBN:978-4-418-20605-6

四六判 256ページ

  • 試し読み試し読み

内容

すべての仕事は<自己表現の場>である!

毎日大量のネットニュースを読み、バズったSNSのエントリーを読み、
「すごい」ビジネスパーソンのブログを読んでも人生の充実には必ずしも直結していない。むしろ、大量にインプットしながら、モヤモヤすることは多くなっているのではないか・・・。
本書は、そんな方々のために、かつて同じような経験をしていた著者が、
自身の失敗談を交えながら、自分自身を突破=ブレイクセルフする方法を説く。

目次

第1章 羞恥心をブレイクせよ
Give & Listen

人から学ぶしかない
自分と違うから価値がある
孫さんの学ぶ姿勢
自分なりにGIVEする
自分なりの「営業」をしてみる
「頼る」ことは相手への贈り物
相手が打ち返しやすいボール(仮説)を投げる
30対1で教えてもらう
敬意と好意。そして、劣等感


第2章 恐怖心をブレイクせよ
Seed & Water

とりあえず、人に喜んでもらおう
困っている人には傘を差し出そう
「何をしていいかわからない」からスタートする方法
頼られるというラッキー
「社会になじめない」という恐怖が動力になる
怖がりだから動けない、が基本
準備していけば、自意識と羞恥心を越えられる
自分を表現するか、引きこもるか
「世の中とうまくやれていない」人が、表現者になる


第3章 続けることでブレイクせよ
Connecting the Dots


「めちゃくちゃ」なキャリアがつながった瞬間
自分の意思で道を開くこと
「できない」から別の世界に行ける
続けることと積み重ねること
ただ続けるのではなく、自己解釈を積み重ねる


第4章 素直になることでブレイクせよ
Follow Your Heart


「自分の仕事」がわかったのは50歳を過ぎてから
「自分は世界を変えられる」という確信
「その時」は必ず来る
主体性のトレーニング
「自分が社長だったら」の本当の意味
動いてもらえないのは、自分の力不足
練習していると、主体性が降りてくる
「武道館」「東京ドーム」をイメージする
自分がナーバスになる仕事に注目する
自分なりの理想と使命感を持つ


伊藤羊一/ 
ヤフー株式会社 コーポレートエバンジェリスト Yahoo!アカデミア学長。
株式会社ウェイウェイ代表取締役。東京大学経済学部卒。グロービス・オリジナル・MBAプログラム(GDBA)修了。1990年に日本興業銀行入行、企業金融、事業再生支援などに従事。2003年プラス株式会社に転じ、事業部門であるジョインテックスカンパニーにてロジスティクス再編、事業再編などを担当した後、2011年より執行役員マーケティング本部長、2012年より同ヴァイスプレジデントとして事業全般を統括。
かつてソフトバンクアカデミア(孫正義氏の後継者を見出し、育てる学校)に所属。孫正義氏へプレゼンし続け、国内CEOコースで年間1位の成績を修めた経験を持つ。
2015年4月にヤフー株式会社に転じ、次世代リーダー育成を行う。グロービス経営大学院客員教授としてリーダーシップ科目の教壇に立つほか、多くの大手企業やスタートアップ育成プログラムでメンター、アドバイザーを務める。2021年4月より武蔵野大学アントレプレナーシップ学部学部長に就任予定。

関連キーワードから本を探す

関連キーワード

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2021.03.02
保育業界"初"! 発達に課題のある子の保育に特化した、発達支援の定期誌『PriPriパレット』発売
2021.02.12
『からだにいいこと4月号』TSUTAYA限定版(オタフクソース デーツ<なつめやしの実>つき)発売のお知らせ
2021.01.22
カレーの日記念「印度カリー子×幸村しゅう」SNSプレゼントキャンペーン開催のお知らせ