MENU

close
  • 雑誌
  • 書籍・ムック
  • お知らせ

MENU

close
  • 雑誌
  • 書籍・ムック
  • お知らせ

イヌのカラダにいいこと事典

 

イヌのカラダにいいこと事典

臼杵 新 (監修)

定価:1,540円(税込)

ISBN:978-4-418-21409-9

A5判 160ページ

  • 試し読み試し読み

内容

見開き1テーマですぐに役立つ情報を網羅。生活習慣病や介護などシニア犬のお悩みもフォロー。

本書は「愛犬の健康長寿」を願うすべてのイヌ好きのための暮らしの実用書です。イヌの「食事」「遊び」「健康・美容」「病気・医療」について、2ページ1項目を基本にテーマを設定。イラストを効果的に使ってわかりやすく解説します。飼い主が知っておくべき知識を、楽しいビジュアルでまとめました。

目次

◯第1章 食事に関するカラダにいいこと

わんこの健康のための
ごはんのあげ方3か条!

これで失敗しない! 
健康にいいフードの選び方

安さ、量の多さにつられちゃダメ! 
悪質なフードの見分け方

タマネギやチョコだけじゃない!
意外と知られていないわんこのNG食品

おやつは基本的に不要だけど、
あげるならルールを決めて!

愛情たっぷりの手作りごはんをあげたい! 
だけど手作りするときはくれぐれも注意して……

亜麻仁油で必須脂肪酸を補給して
皮膚のトラブルを予防し、毛ヅヤを保とう!

ヨーグルトが腸内環境を整えたり、
口臭予防になることがある

いつものフードに飽きたかなと思ったとき、
食いつきを復活させる方法

フードローテーションを行ない、
食欲キープにつなげよう

かゆいよ、かゆいよ! 
わんこのアレルギー対策を万全に

おデブはNG!
ダイエットは激しい運動ではなく食事制限がキホン

シニアになったらドッグフードを変更するより、
ちょっと何か足してフォローしてあげる

愛犬の食事のことで悩んだら
ペットフーディストに相談してみよう

水はイヌの命の源 
飲み水は硬水じゃなく軟水をあげること



◯第2章 遊びに関するカラダにいいこと

イヌは散歩が大好き!
愛犬がもっと喜ぶ散歩の仕方

愛犬に負担を与えない
優れものの首輪・ハーネスを探そう

寒い日の散歩の前にはストレッチで
体を温めてから出かけよう

長時間まとめて遊ぶとクタクタに……
短時間でも毎日遊んであげる時間を作る

わんこは遊びが大好き!
年齢ごとに遊び方を変えてあげよう

わんこを飽きさせないために
飼い主が遊びの達人になろう

楽しいおもちゃ遊び!
おもちゃの特徴と愛犬のブームを考えて選ぶ

愛犬が素敵に変身!
おしゃれで体にやさしいわんこ服

不安がいっぱいのイヌとのドライブを
楽しい思い出にするにはどうする?

イヌ語を理解できれば
愛しいわんことの絆が深まる

正しくほめてしかることで
賢くて健康なわんこに成長する

わんこは体温調節が苦手!
暑さ・寒さには飼い主が気をつけて!

留守番でストレスをためないように
飼い主としてしておきたいこと

大切な命を預けるペットホテル
信頼できるホテルはどんなところ?

信頼できるペットシッターを選ぶには
事前の面談がいちばん大事



◯第3章 健康・美容に関するカラダにいいこと

イヌも“メタボ”に要注意
愛犬の肥満度をチェックしよう

うんちやおしっこは健康のバロメーター
トイレチェックを習慣にしよう

イヌも歯が命!
子犬のうちからデンタルケアをはじめよう

自分で爪切りをするなら
抱きながら数回に分けて切る

しなくても平気?
イヌの耳そうじあれこれ

わんこの皮膚はデリケートだから
シャンプーはやさしくこすり洗いで

毎日のブラッシングで
清潔さとスキンシップをキープ

いつも清潔にしておきたい!
お尻のケアを忘れずに

サプリを適切にとって
健康を維持

マッサージは至福の時間
1日10分の背術で愛犬との信頼を深める

イヌにもツボがある!
心も体もすっきりできるツボ押し術

愛犬にストレスをかけないで!
わんこはこんなことにイライラします



◯第4章 病気・医療に関するカラダにいいこと

わんこの死因第一位は……?
小さな命を脅かす怖い病気たち

犬種が違えばかかりやすい病気も違う
愛犬の罹患しやすい病気の傾向を知っておこう

病気を見逃さないで!
サインの見分け方

危険なサインになりうるわんこの体温
その上手な測り方とは?

1ヶ月に1回はわんこの体重を測定
健康状態を常に把握しておく

覚えておきたい
薬を上手に飲んでもうらう方法

アレルギーの原因は食べ物だけじゃない!
環境要因もシャットアウトしよう

暑さ・寒さはわんこの天敵!
できるだけ快適な生活を送らせるには?

怖い病気@
人の死因第1位のがんにイヌもたくさん悩まされている

怖い病気A
高齢化の宿命とも言える認知症 愛犬が痴呆になってしまったらどうする?

怖い病気B
軽い運動で息咳きらしていたら心臓病を疑ってみる

怖い病気C
症状になかなか出ないから難しい 腎不全や肝臓疾患など内臓の病気

怖い病気D
イヌも糖尿病にかかる! 日頃の生活習慣を見直して予防しよう

怖い病気E
骨や関節、筋肉はどうしても衰える できるだけ自力で歩ける努力を!

足腰が衰えたシニア犬のために
バリアフリーの住環境を整える

元気だったわんこが寝たきりに……
自宅での介護の仕方

イヌの新型コロナ対策(検討中)

距離、院内の清潔感、先生の信頼度……
動物病院選びは忘れずにココをチェック

病院嫌いがとまらない!
病院に行きたがらないわんこをどうする?

定期的に健康診断を受けて
愛犬の健康を維持しよう

愛犬を感染症から守るため
ワクチン接種で予防する

病気や怪我をしたときに備えて
ペット保険に加入しておこう

いつかやってくるお別れのとき……
飼い主として愛犬にしてあげたいこと

悲しく苦しい愛犬との別れ……
ペットロスから立ち直るには?


臼杵 新/
獣医師、ウスキ動物病院院長。麻布大学医学部獣医学科卒業後、動物病院勤務医を経て現職。「動物と飼い主の両方を幸せにする治療」をモットーとしている。著書に『イヌを長生きさせる50の秘訣』(ソフトバンククリエイティブ)、『猫にいいものわるいもの』『犬にいいものわるいもの』(三才ブックス)など。

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2021.06.11
『からだにいいこと8月号』TSUTAYAオリジナル特典のお知らせ
2021.06.01
赤ちゃんに大人気の「シナぷしゅ」グッズが当たる! Instagramフォロー&投稿キャンペーン開催のお知らせ
2021.04.28
『あまがえるのぼうけん』絵本原画展 開催のお知らせ