MENU

close

MENU

close

子どもSDGs版 地球がもし100cmの球だったら

 

子どもSDGs版 地球がもし100cmの球だったら

永井智哉 (文)木野鳥乎 (絵)

定価:1,430円(税込)

ISBN:978-4-418-22838-6

B5変判 64ページ

  • 試し読み試し読み

内容

親子で一緒に、SDGsについて考えるときにも役立ちます!

地球がもし直径100cmだったら?富士山は高さ0.3mm、飛行機は地上1mmほどの高さを飛行。地球を縮小することで世界をシンプルに見ることができる。
本書では、環境が破壊の原因が人間である現状を教え、ごみ削減、節電など、自分にできることから始めよう、ということを伝える。
本書は、2002年刊行『地球がもし100cmの球だったら』を改訂、子どもがSDGsの考えを理解しやすいように、新たに解説ページを追加。


永井智哉/
理学博士。専門は理論天文学。国立天文台、宇宙開発事業団(NASDA、現JAXA)、日本科学未来館などを経て、現在は、素粒子原子核研究所理論センター特任准教授、神戸大学惑星科学研究センター特命准教授。これまで、宇宙を中心とした科学教育普及活動を数多く行っている。

木野鳥乎/
イラストレーター、絵本作家。青山学院大学卒業後、フリーのイラストレーターとして広告、出版物等の制作に関わる。2003年に自主制作絵本『なないろえほん』、2004年にイタリア語で綴った絵巻物『Il Panorama Parlato (ことばのけしき)』が、ボローニャ国際絵本原画展に入選。

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2022.11.25
『サッカー・ワールドカップ2022観戦ガイド』お詫びと訂正
2022.11.21
【プレゼント企画】冬に食べたいお鍋料理のレシピ本が当たる!Instagramキャンペーン開催
2022.11.18
【店舗限定&数量限定】創刊35周年「Begin2023年1月号」購入者特典のお知らせ