MENU

close

MENU

close

子ども主体の保育と保育者の役割

 

子ども主体の保育と保育者の役割

田澤里喜 (著)

定価:1,320円(税込)

ISBN:978-4-418-23708-1

A5判 88ページ

  • 試し読み試し読み

内容

保育界のリーダーが、これからの保育のあり方をわかりやすく解説

保育者が子どもに教え込もうとする保育者主導型保育から、保育者が子どもとの生活を楽しむ子ども主体型保育へ。変えるためのポイントを保育界のリーダーが具体的にわかりやすく解説する。

目次

1章・子ども主体の保育と保育者の役割
2章・ミドルリーダーからのメッセージ


【著者プロフィール】
田澤里喜●玉川大学教育学部教育学科教授。東一の江こども園園長。保育実践現場における保育方法や実践、特に遊びについての研究。また、幼稚園、保育園などの園長の仕事のあり方などについての研究も併せて進める。

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2024.05.17
「梅雨におすすめの児童書」Instagram読者モニターキャンペーン
2024.04.19
『ふしぎな みけねこびん』『であえたことに ありがとう』× TinkerTaleコラボ企画・名入れ絵本モニターキャンペーン
2024.03.19
『うさぎになった日』SNSプレゼントキャンペーン