MENU

close

MENU

close

へるぱるブックス 訪問介護で「できること」「できないこと」

 

訪問介護で「できること」「できないこと」

能本守康 (著・監修)

定価:3,080円(税込)

ISBN:978-4-418-24206-1

B5判 192ページ

  • 試し読み試し読み

内容

訪問介護で「できること」「できないこと」が全90問。イラストと事例でわかりやすく解説

「排泄介助時、便座カバーが尿で濡れていたけど取り換えてもよい?」
「歯ブラシで磨いた後、歯間ブラシで仕上げることはできる?」
「災害時用の懐中電灯、水や保存食などは購入できる?」
訪問介護に携わる人なら、一度は悩んだことがある事例をQ&Aで紹介。わかりやすく解説しているので、訪問介護の仕事を始めたばかりの方、新人のサービス提供責任者、さらには訪問介護の利用者や家族まで、参考になる1冊です。

目次

はじめに/本書の使い方

大前提として訪問介護員の役割は「利用者の自立」をサポートすること

【身体介護編】
適切な身体介護をおこなうために重要な視点
身体介護に関する事例Q&A 

コラム@ 服薬状況と口腔機能の確認を理解しよう

【生活援助編】
適切な生活援助をおこなうために重要な視点
生活援助に関する事例Q&A 

コラムA 利用者の価値観が多様化する社会における支援を考えよう

【医療行為編】
“医療行為ではない”行為の対応と「これは医療行為?」と迷うケースについて
医療行為に関する事例Q&A 

【生活リハビリテーション編】
訪問介護における生活リハビリテーションについて
生活リハビリテーションに関する事例Q&A 

【通院介助&通院等乗降介助編】
“あいまい”が多くて迷う通院介助&通院等乗降介助について
通院介助&通院等乗降介助に関する事例Q&A 

参考通知 「訪問介護におけるサービス行為ごとの区分について」(H30.3.30老振発0330第2号)


【著者・監修者プロフィール】
能本守康●介護福祉士、主任介護支援専門員、相談支援専門員、日本ケアマネジメント学会認定ケアマネジャー。日本介護支援専門員協会常任理事、株式会社ケアファクトリー代表取締役などを務める。著書に『Q&A 訪問介護サービスのグレーゾーン 第4次改訂版』(ぎょうせい)などがある。

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2024.03.19
『うさぎになった日』SNSプレゼントキャンペーン
2024.03.15
パンダグッズがもらえる!『パンダ沼への招待状』SNS感想投稿キャンペーン!
2024.03.07
『もっと!誕生日が教えてくれる本当のあなた』SNSプレゼントキャンペーン