MENU

close

MENU

close

13歳からのきみへ スヌーピーの自分らしく生きることば

 

13歳からのきみへ  スヌーピーの自分らしく生きることば

チャールズ・M・シュルツ (原著)谷川俊太郎 (訳)永井玲衣 (文)

定価:1,760円(税込)

ISBN:978-4-418-24403-4

B6変型判 160ページ

  • 試し読み試し読み

内容

ひとりでがっかりしないで、一緒に考えよう。自分らしく生きるスヌーピーたちの君に寄り添う70のことば

友達、将来、学校、恋愛、そして自分のこと……。簡単には割りきれず、複雑で、悩みと笑いに満ちた10代を生きる君へ。そして、かつて10代だった、おとなたちへ。
ややこしくて、ずっこけていて、それでも自分らしく生きる「ピーナッツ」の仲間たち。彼らの70のことばを、クスッと笑ってしまう原作コミックと谷川俊太郎による訳、そしていま注目の哲学研究者・永井玲衣の研ぎ澄まされた解説に乗せて贈ります。


チャールズ・M・シュルツ●原著
1922 年、アメリカ・ミネソタ州ミネアポリス生まれ。通信教育で絵を学び、漫画家を志す。1950年28歳のとき「ピーナッツ」の新聞連載を開始。以来、半世紀にわたり17897のコミックを描き、世界中で2600紙の新聞で掲載。2000年2月12日夜77歳で永眠。それは、最終回の日曜版が配達される前日のことだった。

谷川俊太郎●訳
1931年、東京都生まれ。詩人。1952年21歳のとき初の詩集『ニ十億光年の孤独』を発表。1960年代後半より「ピーナッツ」の翻訳を手がけ『完全版 ピーナッツ全集』(河出書房新社)で完訳を果たす。日本の読者によく知られた「ピーナッツ」のなかまたちのことばは、その名訳によるもの。好きな登場人物はウッドストック。

永井玲衣●文
1991年、東京都生まれ。哲学者。人びとと考えあう場である哲学対話を幅広く行っている。哲学エッセイの連載多数。2021年30歳のとき初の著書『水中の哲学者たち』(晶文社)を発表。2024年第17回「(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞」受賞。好きな登場人物は「安心毛布」の手放せないライナス。

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2024.05.17
「梅雨におすすめの児童書」Instagram読者モニターキャンペーン
2024.04.19
『ふしぎな みけねこびん』『であえたことに ありがとう』× TinkerTaleコラボ企画・名入れ絵本モニターキャンペーン
2024.03.19
『うさぎになった日』SNSプレゼントキャンペーン