MENU

close

MENU

close

うさぎになった日

 

うさぎになった日

村中李衣 (文)しらとあきこ (絵)

定価:1,650円(税込)

ISBN:978-4-418-24802-5

A5判 80ページ

  • 試し読み試し読み

内容

よわいからって、つよくないわけじゃない だれでも、心の中に、うさぎがいる

「うさぎ、うさぎ よわいからって、つよくないわけじゃない よわいからこそつよい、ってことだってある だれでも、心の中に、うさぎがいる」
自分の気持ちをうまく言葉にできない、りこ。過ちをおかしてしまった、たくと。
葛藤を抱えた4人の子どもたちが、動き出す―。
野間児童文芸賞受賞作家・村中李衣の詩情豊かな文章と
大人気うさぎ画家・しらとあきこの美しく柔らかな絵で紡ぐ、短編物語。

目次

うさぎになった日
ノック
うさぎのおかあさん
昼を越え、夜を越え
スローダンス
てのひらのさがしもの
自転車に乗って


【著者プロフィール】
村中李衣●文
1958年、山口県生まれ。児童文学作家。ノートルダム清心女子大学教授。『おねいちゃん』(理論社)で野間児童文芸賞、『チャーシューの月』(小峰書店)で日本児童文学者協会賞、『あららのはたけ』で坪田譲治文学賞を受賞。絵本に『いちごハウスのおくりもの』(世界文化社)などがある。また、編著書に『女性受刑者とわが子をつなぐ絵本の読みあい』(かもがわ出版)があり、長年各所で絵本の読みあいを精力的に続けている。

しらとあきこ●絵
1970年、東京都生まれ。イラストレーター。4年間の金融企業勤務を経た後、うさぎと暮らしはじめ、その魅力を伝えたいと絵の仕事を志す。うさぎ専門誌の表紙や挿絵、小動物食品のパッケージや動物病院の看板イラストなど、うさぎの絵を中心に幅広く活動。本書で初めて児童書を手がける。

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2024.07.05
『バレーボール男子パリ五輪応援号 NEXT STAGE』購入者特典のお知らせ
2024.07.04
『おいしい漢方365 いたわりスープとごほうびドリンク』店舗限定・購入者特典のお知らせ
2024.06.21
LaQガイド100万部感謝キャンペーン