MENU

close

MENU

close

心に残るロングセラー 名作10話浜田広介童話集

 

浜田広介童話集

浜田広介 (著)

定価:1,188円
(本体1,100円)

ISBN:4-418-06835-X

B5変形判 146ページ

  • 試し読み試し読み

内容

子どもたちにぜひ読んでほしい浜田広介の名作ベスト10話

「泣いた赤おに」「りゅうの目の涙」ほか、日本のアンデルセンと言われた著者の名作10篇。親と子の愛、仲間への思いやり=「ひろすけ童話」の代表作が、優しい心、強い心、美しい心を育てます。

目次

・泣いた赤おに――村人と仲良くなりたいと思った赤おにを、手助けしたのは青おにくん。計画はみごと成功したが、青おにくんは旅に出てしまった。

・むく鳥のゆめ――母を思うむく鳥の子ども。お母さんがかえってくることを期待し、お父さんに話を聞く。夢に白いお母さんを見たが、その正体は?

・りゅうの目のなみだ――山のりゅうは、小さな人間の訪問を受ける。初めて優しい気持ちに触れ、りゅうは変わっていく。

・ますとおじいさん――人のためになりたいと思ったおじいさん。旅人にますの稚魚を持ってきてもらう。おじいさんの気持ちはどんな形で村人に伝わるのか?

・花びらのたび――美しい花びらが、3匹のすずめによって運ばれた。普通と違った運命に巻き込まれた花びらは、不思議な体験を重ねていく。

・ある島のきつね――目と耳の不自由なおばあさんが、お寺を訪ねてくる。島のきつねは、お坊さんのかわりにおばあさんのために何かと面倒を見る。

・よぶこどり――野原で卵をみつけたリスは、かえったヒナ鳥を母親代わりに優しく世話をした。しかしヒナ鳥は自分の異変に気がつき、空へ。残されたリスの運命は…。

・子ざるのかげぼうし――まねっこばかりするかげぼうしに気がついた子ざる。きつねに相談するが、いい知恵は出ない。そして賢いイヌが教えてくれた解決策は?

・星の光――赤い星、青い星、そして小さな星。三つの星は同じ日に生まれた。小さな星は仕事の途中にドロだらけの鳥を見つけ助ける。すると不思議なことが起きた。

・たぬきのちょうちん――おじいさんのきつねは、むかし昔、一生懸命に化け方を覚えた。それはちょうちんになること。どうしてちょうちんになりたかったのか?

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2017.07.20
『バブルノタシナミ』刊行記念 阿川佐和子さんサイン会
2017.07.05
絵本『おふろでなんでやねん』刊行記念 親子でレクリエーション&サイン会
2017.07.03
『おうちで作るイタリアンジェラート』発売記念 本格イタリアンジェラートのデモンストレーション