MENU

close

MENU

close

これだけ読めばよくわかる 日露戦争と明治の群像

 

日露戦争と明治の群像

太平洋戦争研究会 (編著)

定価:本体1,300円+税

ISBN:978-4-418-09231-4

四六判 288ページ

  • 試し読み試し読み
  • 現在、在庫切れしています。
    重版の予定は未定です。

内容

09年秋スタートのNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」の登場人物、時代背景がよくわかる!

日本の大きなターニングポイントである日露戦争から、昭和の戦争の序奏ともいえる「日韓併合」までを100のポイントで解説。

【担当編集者からオススメの一言】

日露戦争で超大国ロシアに勝利したことは、文明諸国への仲間入りを熱望していた新政府の念願でした。この日本の大きなターニングポイントである日露戦争から、昭和の戦争の序奏ともいえる「日韓併合」までを100のポイントでわかりやすく解説しました。

貴重な資料などから明らかになったその全容を、希少な写真とイラストをふんだんに用いて徹底的に解剖。現在の日本の礎を築いた明治の“志士”たちの人生を追いながら歴史を読み解く、ライブ感たっぷりの1冊です。

目次

第1章 新興国の悲哀
第2章 日本の挑戦
第3章 露国討つべし
第4章 満州進撃作戦
第5章 旅順要塞総攻撃
第6章 満州広野の3大会戦
第7章 日本海海戦
第8章 日露講和会議
第9章 植民帝国への道

関連キーワードから本を探す

関連キーワード

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2020.11.26
『家庭画報 1月号』【高橋大輔選手オリジナルポストカードの特典つき】有隣堂アトレ恵比寿店 特別キャンペーンのお知らせ
2020.11.09
『家庭画報12月号』美味のお取り寄せ Twitterプレゼントキャンペーン開催のお知らせ
2020.11.06
ビジネスパーソンの"今欲しい"がここに。MEN'S EXがオンラインショップ「meSTORE」をオープン!