MENU

close

MENU

close

愛蔵版 茶箱と茶籠の図鑑99

 

愛蔵版 茶箱と茶籠の図鑑99

堀内明美 (著)

定価:3,996円
(本体3,700円)

ISBN:978-4-418-17351-8

B5変判 224ページ

  • 試し読み試し読み

内容

著者が長年にわたり組んできた茶箱・茶籠コレクションの集大成

丸太町通を挟んで京都御苑の南側に位置する「うるわし屋」は、質の高い生活骨董を扱う人気店。夫とともにこの店を経営する著者は、大の茶箱好きとしても有名です。
本書は、そんな著者が長年にわたり組んできた茶箱・茶籠コレクションの集大成です。幕末から昭和初期までの道具を中心に組んだ空前絶後の99点は、どれも「使って、楽しむ」ことを前提とした、実用の品々でもあります。

目次

抹茶の箱 基本の道具
煎茶の箱 基本の道具
第一章 抹茶の茶箱
第二章 抹茶の茶籠
第三章 煎茶の茶籠
第四章 煎茶の茶箱と器局
茶箱で楽しめる 箱と籠の種類
茶箱茶籠にまつわる布
「脇道具」に凝る
その他


【著者プロフィール】
漆器を中心に、陶磁器、銀器などの質の高い生活骨董を扱う人気店「うるわし屋」の店主。奈良生まれ。1988年に奈良で開業した後、91年に京都移転、94年からは京都御苑の南の現在地に店を構える。ほぼ毎年開催する茶箱の企画展は、多くの愛好家から好評を得ている。

関連キーワードから本を探す

関連キーワード

ジャンル一覧

売れてます

お知らせ

2018.12.10
『Begin』が「モノ・ファッション」部門で大賞を受賞。「LINE NEWS Presents NEWS AWARDS 2018」
2018.12.10
12月20日(木)『Life 西山茉希』発売記念 サイン本お渡し&ツーショット撮影会  
2018.11.30
【特典つき!】家庭画報1月号「有隣堂アトレ恵比寿店」デモ販売のお知らせ