MENU

close

MENU

close
  • TOP
  • お知らせ
  • テレビで話題!"お魚王子"の人気書籍 『わたしたち、海でヘンタイするんです』の特別展が、下田海中水族館で開催中

世界文化社のお知らせ2020.08.21

テレビで話題!"お魚王子"の人気書籍 『わたしたち、海でヘンタイするんです』の特別展が、下田海中水族館で開催中

 

1.jpg
書籍『わたしたち、海でヘンタイするんです。海のいきもののびっくり生態図鑑』(小社刊・鈴木香里武著・友永たろ絵)の世界をリアルに体験できる特別展が、伊豆「下田海中水族館」(静岡県下田市)にて開催中です。好評につき、8月より展示生物を大幅に増やして展示しております。ぜひご注目下さい!


2.jpg


3.JPG


4.JPG
「ヘンタイ」「ヘンシン」「ヘンテコ」─。書籍の内容とリンクした3つの「ヘン」をキーワードに、成長過程で大きく姿を変える海のいきものの子どもたち(幼魚や幼生)を多数展示。鈴木香里武先生が所蔵する、貴重な「幼魚の干物標本」も特別公開しているほか、岸壁採集の様子を収めた「お宝映像」が見られるミニシアターも設置! 会場の壁面には、お魚大好きイラストレーター・友永たろ先生が手がけた海のいきものたちのイラストレーションがダイナミックに装飾され、図鑑の世界をリアルに体験できる特別展示となっています。


【主な展示生物】
※開催中、生物の差替えや変更を行う可能性もあります。
66.JPG


55.JPG


6.JPG


●ヘンタイ
昆虫のように、成長過程で体のつくりが変わっちゃう!
「変態(ヘンタイ)」する海のいきものたちを展示しています。
・タコクラゲ(稚クラゲ・ポリプ幼生)/ゾウリエビ 等


●ヘンシン
おとなとこどもで、姿がガラッと変わっちゃう!
「変身(ヘンシン)」する海の魚たちを展示しています。
・タテジマキンチャクダイ/ハナヒゲウツボ/チョウチョウコショウダイ/サクラダイ等


●ヘンテコ
ユニークで、一風変わった奇妙な生態をもっている!
「変てこ(ヘンテコ)」な海のいきものたちを展示しています。
・メガネカラッパ、ソメンヤドカリ 等


【特別展概要】
●名 称:下田海中水族館×鈴木香里武「わたしたち、下田の海でヘンタイするんです展」
●場 所:伊豆・下田海中水族館 「アクアドームペリー号」船底観覧室
     ※営業時間は、下田海中水族館の営業時間に準じます
●展示物:3つの「ヘン」をキーワードに、
     成長過程で姿を変える海のいきものの子どもたち(幼魚や幼生)などを多数展示。
     鈴木香里武先生所蔵の「幼魚の干物標本」も特別公開します。
●映 像:鈴木香里武先生の岸壁採集活動の様子や、貴重な幼魚の映像をご覧頂けます。
●料 金:無料(※別途、水族館入場料が必要です)

【書籍『わたしたち、海でヘンタイするんです。』とは?】
テレビで話題の「お魚王子」が、海のいきものの「ヘン」な生態を徹底解剖!
クリオネやマンボウなど、成長過程でヘンタイするいきものの姿を楽しく図解した、
初めてのイラスト図鑑です。クラゲの赤ちゃんは、岩から生えている!?
マンボウのこどもは、全身トゲだらけ!? 「ヘンタイ」「ヘンシン」「ヘンテコ」─。
3つの「ヘン」を入り口に、海のいきものたちが驚きの生態を語り尽くす!
メディアで話題沸騰のお魚系エンタメ図鑑。(小社刊)
詳細はこちら


わたしたち、海でヘンタイするんです。_帯無し.jpg
●書誌情報
・書名:『わたしたち、海でヘンタイするんです。海のいきもののびっくり生態図鑑』
・著者:鈴木香里武 著/友永たろ 絵
・定価:本体1,100円+税
・仕様:四六判・160P

●メディア掲載情報
・2020年6月20日 「サタデープラス」(MBS/TBS)で紹介されました
・2020年5月17日 「爆笑問題の深海WANTED!」(テレビ静岡/フジテレビ)で紹介されました
・2020年5月12日 「Nスタ」(TSB)で紹介されました
・2020年4月9日  「ZIP!」(日テレ)で紹介されました
・2020年3月13日 「有吉ジャポン」(TBS)で紹介されました
・2020年1月21日 「マツコの知らない世界」(TBS)で紹介されました
・2020年1月16日 「有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議」(TBS)で紹介されました
・2019年11月2日 「世界一受けたい授業」(TBS)に著者が出演


【著者・鈴木香里武 プロフィール】
1992年生まれ、うお座。幼少期から魚に親しみ、さかなクンをはじめとする専門家との交流や、様々な経験を通して魚の知識を蓄える。「岸壁幼魚採集家」として、浮遊生活期のアカグツの仔魚の採集・記録に世界で初めて成功。荒俣宏氏が立ち上げた「海あそび塾」の塾長を務める他、大学院で観賞魚の癒し効果を研究し、「フィッシュヒーリング」を提唱する。「世界一受けたい授業」(日テレ)など、トレードマークのセーラー服姿でメディアやイベントに多数出演。水族館の館内音楽企画や特別展の企画など、"魚の魅せ方"に関するプロデュース活動にも力を入れる。名前は本名で、名づけの親は明石家さんま。
karibu.jpg


【下田海中水族館 概要】
●所在地:〒415-8502 静岡県下田市三丁目22-31
●営業時間:3月〜10月の通常営業 平日9:00〜16:30 土日祝9:00〜17:00
※春休み・GW・夏休み期間などは、営業時間が変更となります
※最終入場は、閉館60分前です
●入場料金:大人(中学生以上)2,100円 小人(4歳から小学6年生まで)1,050円
●公式サイトURL: https://shimoda-aquarium.com/


【お問い合わせ先】
下田アクアサービス株式会社 下田海中水族館
飼育課:都築、岡野、中西
営業課:浅川
TEL:0558-22-3567/FAX:0558-22-3831

カテゴリ

アーカイブ